バレンタインの機会に片思いの相手に気持ちを伝えようと決意している人も多いでしょう。

でも、どんな風に本命チョコを渡せばよいのか悩んでしまいますよね。

相手の気持ちがわからないのなら、重くならないような気づかいも大切ですね。

今回は相手が受け止めやすいような告白の仕方を考えてみましょう。

付き合う前の相手に手作りのバレンタインプレゼントを渡して告白したい。

バレンタインに告白するのですね! 好きな人に告白するのはとても勇気がいる事だと思います。

でも、人を好きになるということはとても素敵なことです。

バレンタインという年に一日のチャンスの日にあなたの想いが届くように、こころを込めて計画を立てましょう。

付き合う前の本命の相手に手作りプレゼントはどうなのか、という悩みがありますよね。

これは、ケースバイケースです。

全く会話もしたことがない相手からの手作りプレゼントは、男性を困惑させてしまうかも知れません。このような場合は市販の方が無難です。

それなりの関係性がある相手の場合ですが、相手の気持ちがわからず、重く感じさせてしまう可能性もありますね。

「断られて気まずくなったらどうしよう。」など心配な気持ちや不安な気持ちでいっぱいになりますよね。

でも、せっかくのバレンタインデーなのですから、断られる可能性があったとしても勇気を持ってチョコレートを渡してみましょう。

チョコレートを渡すだけでも、今後仲良くなれるきっかけになるかも知れませんよ!

ハッピーエンドになるように頑張りましょう。

本命の相手にバレンタインプレゼントを渡したいが、どんなふうに呼び出す?

相手の都合を確認することが大事です。

相手が出勤する時刻、退勤する時刻など、予め行動予定をリサーチしておきましょう。

忙しい時間帯や、同僚など人目に付きやすいタイミングだと 気にして恥ずかしい想いをさせてしまいます。

また、誘い方にも工夫が必要です。

「お昼を一緒に食べませんか?」とか「仕事の後、お茶に行きませんか。」 と、いきなり誘うのは少し気が引けるようでしたら、 「渡したいものがあるのですけど、お時間取れませんか。」 とストレートに用件を伝えるのもかえって良いかもしれません。

バレンタインの当日だったら相手はその意味に気づくことになります。

その場合も当日いきなりというよりは、少なくとも数日前までには、「2月14日に」と余裕をもって誘うのがよいと思います。

また、日程もある程度幅を持たせて提案することが大切です。

「2月14日にと思うのですが、ご都合が悪いようなら時間が取れる日でも構いません。」 というように、相手が応じやすいような配慮が大切です。

本命の相手にバレンタインプレゼントを渡したいが、上手な渡し方は?

相手が受け取りやすい場面を想定して念入りに計画を立て、タイミングを考えてチョコを渡しましょう。

本命チョコを人前で渡すと相手にとっては迷惑な場合もあります。

二人きりのタイミングで渡すようにしましょう。

ただ、呼び出しはどうしても告白を想起させるので相手にとっては負担に感じるかも知れません。

そんな場合は偶然二人きりになるシチュエーションで渡せると良いですね。

リサーチによってそんな場面をうまく作り出す事ができるかも知れません。

バレンタインに告白はつきものですが、焦って告白してうまくいかない場合もあります。

「重たく感じられたくない。」「断られることが不安。」と思うなら、「一緒に食事に行きませんか。」「〇〇へ遊びに行きませんか。」など軽く誘ってみてはいかがでしょうか。

また、告白した場合でも即答を迫らず「いつかお返事を聞かせて下さい。」など相手の気持ちに余裕を持たせることも大事です。

また、緊張して何も言えなかった場合のことも考えてメッセージカードに自分の気持ちを書くことも必要ですね。

まとめ

  • 相手の気持ちがわからないのなら、重たくならないような気づかいも大切。
  • チョコを渡すだけでも、今後仲良くなれるきっかけになる。
  • 相手の都合を確認することが大事。
  • 相手が受け取りやすい場面を想定して念入りに計画を立てる。



バレンタインを次のステップに繋げるチャンスと考えて、あまり思いつめず相手の男性との距離を縮める手段と考えれば気持ちが楽ですよ。

そして、何より相手に対する思いやりの気持ちを忘れない事です。

あなたにとって「ハッピー・バレンタイン」になることをお祈りしています。 頑張ってください!