バレンタインに告白をするのですね!

好きな人に告白するのは、とても勇気がいること。

断られて気まずくなったらどうしようなど、心配な気持ちや不安な気持ちでいっぱいになりますよね。

でも人を好きになることはとても素敵なことです。

バレンタインという一年に一日のせっかくのチャンスの日に、あなたの想いが届くように真心を込めて計画を考えてハッピーエンドになるように頑張りましょう。

バレンタイン本命の上手なあげかた。手作り、それとも市販? 

手作りチョコの方が心が伝わるという考え方もありますが、 と負担感を持つ場合や、「衛生面が気になって受け取れない」 という男性も多いようです。

せっかく頑張って作っても逆効果の場合もあるので「市販のチョコ」が無難かも知れません。

市販のチョコを選ぶ場合ですが、相手がどんなプレゼントを欲しがっているか考えることも大切ですね。

甘いものが苦手な相手にチョコを渡しても喜ばれないかもしれません。

同じチョコでもビターな味が好みの場合もあるし、ウイスキー入りのチョコなら甘くても食べられる、など相手の好みを知ることも大事です。

お菓子よりもビジネス小物が喜ばれるかも知れません。

そのような場合は「チョコ+小物」という組み合わせも選択肢の一つに入れておきましょう。

プレゼントより重要なのは、一緒に添えるメッセージです。

短い文で良いので相手の心に届くようなメッセージを添えましょう。

面と向かうと緊張で自分の想いが充分に伝えられない場合もあるので、メッセージには自分の想いが相手にきちんと伝わるような内容を工夫しましょう。

バレンタインの本命チョコはいつ渡す?

相手の都合を確認することが大事です。

相手が出勤する時間、退勤する時間、など予め行動予定を確認しておきましょう。

忙しい時間帯であったり、同僚など人目に付きやすいタイミングだと人目を気にして恥ずかしい想いをさせてしまいます。

相手が受け取りやすい場面を念入りに計画を立て、タイミングを考えてチョコを渡しましょう。

バレンタイン本命相手の上手な呼び出し方とは?

「お昼を一緒に食べませんか?」とか「仕事の後、お茶に行きませんか。」

と、いきなり誘うのは少し気が引けるようでしたら、

「渡したいものがあるのですけど、お時間取れませんか。」

とストレートに声をかけてみるのもかえって良いかもしれません。

バレンタインの当日だったら相手はその意味に気づくことになりますね。

その場合も当日いきなりというよりは、少なくとも数日前までには、「2月14日に」と余裕をもって誘うのがよいと思います。

また、日程もある程度幅を持たせて提案すると良いですね。

「2月14日にと思うのですが、ご都合が悪いようなら時間が取れる日でも構いません。」

というように相手が応じやすいようにしてあげましょう。

まとめ

  • 手作りチョコより市販のチョコにした方が無難。
  • 相手の喜びそうな物を選ぶことが大事。
  • 心をこめたメッセージを添えて自分の気持ちが相手にしっかり伝わるように。
  • チョコを渡すタイミングは相手の都合や立場を配慮する。

バレンタインは、自分の気持ちを伝えるのに絶好のチャンスですね。

あまり思いつめて「告白」と考えず、男性との距離を縮める手段と考えれば気が楽ですよ。

そして何より相手に対する思いやりの気落ちも忘れない事。

あなたにとって「ハッピー・バレンタイン」になることをお祈りしています。

頑張ってください!