旦那さんがいびきをかいているときに、どのような姿勢で眠っているか観察したことはありますか?

ここでは、いびきと寝るときの姿勢について解説していきます。

旦那のいびきと寝るときの姿勢には関係がある?


睡眠は心身の疲労を改装するために必要不可欠なものです。

睡眠の質が悪かったり、睡眠時間が不規則だったりすると、疲れが解消されず自律神経がうまく働かなくなり、心身に不調が出てきます。

いびきもまた、睡眠の質を下げる要素の一つになります。

いびきは、睡眠中にしたが弛緩してのどのほうに落ち込み、上気道をふさいでしまうため、呼吸による空気の通り道が狭くなり、音が鳴る現象をいいます。

このように、狭まった気道を通して呼吸をするためには、普通に呼吸をするときよりもエネルギーを使います。

ですので、いびきをかきながら睡眠をとっても、なかなか疲れが取れないといったこともあります。

いびきは、睡眠時の姿勢と大きく関係があり、いびきをかきやすい寝姿勢というものもあります。

次の章からは、うつ伏せ寝と仰向け寝の場合のいびきとの関係について解説していきます。

うつ伏せ寝はいびきに影響する?


うつ伏せで眠ると、いびきをかきにくいといわれています。

その理由は、いびきの原因となる舌ののどのほうへの落ち込みを防ぐことができるからです。

ですので、うつ伏せで眠ると気道が確保されやすくなり、いびきや睡眠時無呼吸症候群を防ぐことができます。

うつ伏せ寝は、いびきをかく人にとってはメリットがあるといえますが、それ以外にデメリットもあります。

うつ伏せ寝のデメリットは、胸部に強い圧迫を長時間与えてしまうということです。

飲酒をしてからうつ伏せ寝をした場合、万が一嘔吐してしまったときに、吐しゃ物が詰まりやすくなり、窒息死してしまう危険性があります。

ですので、飲酒時のいびきを軽減するためにうつ伏せ寝をすることはやめましょう。

それ以外にも全身の骨格のゆがみや腰痛、O脚を引き起こす原因にもなります。

また、うつ伏せ寝は顎関節症の原因となることもあります。

これは睡眠時に顎関節や歯に偏った力が加わるためで、うつ伏せ寝を長時間続けると左右の骨格に差が生まれてしまうためです。

このようにうつ伏せ寝はいびき対策として有効ですが、それ以外にデメリットがあることも頭に入れておきましょう。

仰向けで眠るといびきをかきやすい?


いびきの原因は、前述したように舌が弛緩してのどのほうに落ち込み、気道が狭くなることによって音が鳴るためです。

仰向けで眠るとこののどへの舌の落ち込みが起こりやすくなり、いびきをかきやすくなってしまいます。

仰向けで口呼吸をしながら眠ると、さらにいびきをかきやすくなってしまいます。

しかし、仰向け寝は最も健康に良い寝姿勢であるといわれています。

その理由は、仰向けで眠ると血流がよくなり、血栓ができにくいためです。

それ以外にも、寝返りが打ちやすい、仰向け寝で手足を広げて眠ると体の熱をスムーズに発散できるため、深部体温が下がり寝つきがよくなるといったメリットがあります。

このように、いびきに対してはデメリットがある仰向け寝ですが、それ以外の点においては一番健康的な寝姿勢であるといえます。

ですので、仰向け寝をするときにいびきをかいてしまう場合には、口呼吸を鼻呼吸に矯正することで、いびきを軽減又は解消することができます。

そのためには、ドラッグストアなどで販売しているいびき用のテープを口に貼って眠るとよいでしょう。

まとめ

  • 寝姿勢はいびきと密接な関係がある
  • うつ伏せ寝はいびき防止に有効であるが、健康面においてデメリットが多い
  • 仰向け寝は最もいびきをかきやすい寝姿勢であるが、健康面においてメリットが多い
  • 仰向け寝でも口呼吸を鼻呼吸に改善することによっていびきを軽減することができる

ここまで、寝姿勢といびきの関係について解説してきました。

いびきをかきやすい寝姿勢とかきにくい寝姿勢があることがお判りいただけたと思います。

理想的な寝姿勢はあおむけ寝ですが、いびきをかきやすいので、口呼吸をしている場合には鼻呼吸に矯正することで、いびきを軽減することができるでしょう。