旦那さんのいびきがうるさい場合、どの様な方法で呼吸しているか注意して観察してみましょう。

呼吸法には、いびきをかきやすい方法とかきにくい方法があります。

ここでは、鼻呼吸と口呼吸がいびきにどのように関係しているかを解説いていきます。

いびきをかいているときに旦那はどの様に呼吸しているか


いびきは睡眠の質を低下させ、体に悪影響を与えるだけではなく、重大な病気の症状の一つであることもあります。

睡眠時のいびきと呼吸法には、実は密接な関係があります。

一般的には口呼吸を行っているといびきをかきやすいといわれますが、実は鼻呼吸でもいびきをかいてしまうことがあります。

いびきは睡眠中に舌や上気道の筋肉が弛緩して、呼吸時の空気の通り道が狭くなることで音が鳴る現象です。

鼻呼吸と口呼吸、どちらも呼吸するときの空気は気道を通るので、空気の通り道が狭くなると、どちらの呼吸法でもいびきをかいてしまいます。

また、それ以外にも口呼吸の場合にかくいびきと、鼻呼吸のときにかくいびきはメカニズムに違いがあります。

いびきは体の不調の表れであることも考えられます。

鼻呼吸と口呼吸、それぞれの場合のいびきのメカニズムと、その対処法について次の章から解説していきます。

口呼吸が原因のいびき


そもそも口は鼻とは異なり、呼吸器官ではありません。

本来の呼吸器官である鼻で呼吸すると、吸い込む空気が加温・加湿され、酸素を吸収しやすい状態にしてから肺に送り込むことができます。

ですので、呼吸時の酸素を取り込む効率が高くなります。

さらに鼻毛がほこりやウイルスなどの異物を除去してくれるため、吸った空気が鼻の穴を通ることで浄化され、病気にかかりにくくなります。

しかし、口で呼吸をした場合には、このような効果を得ることはできません。

眠っている間に口呼吸をしていると、重力により舌がのどのほうに落ち込んで気道をふさいでしまいます。

この状態が続くと、気道が振動して音が出て、いびきとなります。

この気道が完全にふさがれてしまうこともあり、呼吸が一時的に停止してしまうこともあります。

この状態を睡眠時無呼吸症候群と呼び、深刻な睡眠障害を引き起こすリスクがあります。

それに加えてこの睡眠時無呼吸症候群は糖尿病やがんのリスクまで高めてしまうため、いびきの改善のため以外にも、口呼吸矯正する必要があるのです。

鼻呼吸でもいびきをかくことがある?


口呼吸はいびきの原因となるだけではなく、がんや糖尿病のリスクを高めてしまうので、鼻呼吸に矯正する必要があることは前述しました。

しかし、正しい呼吸法であるはずの鼻呼吸を行っていても、いびきをかいてしまうことがあります。

このような鼻呼吸をしている場合のいびきを「鼻いびき」と呼びます。

この鼻いびきをかく人は、口呼吸によるいびきをかく人よりも少ないのですが、鼻に何らかの疾患を抱えていることが考えられます。

この鼻いびきは、何らかの疾患が原因で鼻からのどまでの空気の通り道が狭くなっている場合にかいてしまういびきのことです。

その原因となる疾患は、鼻の真ん中の仕切りが曲がっている体質である鼻中隔湾曲症、アレルギー性鼻炎などによる鼻の粘膜の慢性的な炎症により鼻の粘膜が厚くなる肥厚性鼻炎、鼻の炎症により粘膜がポリープ上になる鼻茸症などが考えられます。

このような原因で鼻呼吸でもいびきをかいてしまうようになると、鼻での呼吸のしづらさを口呼吸で補おうとしてしまうので、いびきはさらに悪化してしまいます。

鼻いびきをかく人は、耳鼻科を受診して、原因となる疾患を治癒させるようにしましょう。

まとめ

  • 口呼吸はいびきをかきやすくなる以外にもがんや糖尿病のリスクを高める
  • 鼻いびきは鼻に何らかの疾患があることが考えられる
  • 鼻いびきをかく場合には、鼻で呼吸しづらくなるので、口呼吸で呼吸を補おうとするため、いびきが悪化することもある
  • 鼻いびきをかく場合は耳鼻科を早めに耳鼻科を受診する

ここまで、呼吸法といびきの関係について説明してきました。

一般的に口呼吸のほうがいびきをかきやすいので、口呼吸から鼻呼吸に矯正することでいびきを抑えることができます。

しかし、鼻に何らかの疾患がある場合には、鼻いびきをかいてしまうことがあるので、このような場合には耳鼻科を受診することをお勧めします。