旦那さんのいびきのせいでよく眠れないけど、それをうまく伝えられずに悩んでいる人も多いと思います。

ここでは、旦那さんにいびきのことを上手に伝える方法を解説していきます。

旦那のいびきがうるさくて眠れない


旦那さんのいびきがうるさくて毎晩よく眠れないといった人も多いと思います。

寝室を共にしているわけですから、旦那さんのいびきの騒音に悩まされて、いらいらすることもあるでしょう。

しかし、いびきをかくことは恥ずかしいことだと思う旦那さんもいるので、直接いびきを指摘することもためらわれます。

だからと言って、そのままにしておくと、妻の睡眠不足は解消されず、健康に害をなしてしまうかもしれません。

そうなる前に寝室を別にするという手段もありますが、そのような方法をとってしまうと、夫婦間の関係が冷めたものになってしまうといった調査結果もあります。

かといって、そのまま旦那さんのいびきを放置しておくと、妻のイライラや不眠はますますひどくなるでしょう。

そうなる前に何か手段を講じなければなりませんが、これはなかなかに難しい問題なのです。

旦那にいびきがうるさいと言えない


もし、妻自信がいびきをかくことを旦那さんに指摘されたら、やはりとても恥ずかしい思いをし、落ち込みもするでしょう。

そのように考えると、旦那さんに対しても直接いびきを指摘することは、悪いことのように思えて、言い出せない妻も多いと思います。

旦那さんのいびきがひどい場合にそっと体を揺らしたり、少し枕をずらしたりすると一時的にいびきが収まることもあるようですが、これらの方法は一時しのぎにしかなりません。

しかし、旦那さんがひどいいびきをかいていることをきちん伝える必要はあります。

その理由は、妻の安眠が妨害されているからという理由もありますが、いびきは実は恐ろしい病気の症状の一つであるという場合があるからです。

旦那さんにいびきがひどいことを伝えることはためらわれますが、本人の健康面に支障が出る前にいびきがひどいことを伝え、専門の医療機関を受診してもらうことをお勧めします。

旦那にいびきがうるさいことを言うときの伝え方


いびきはデリケートな問題なので、直接「いびきがうるさいから何とかして!」というのははばかられます。

しかし、毎晩いびきに悩まされる妻としては、このようにイライラした気持ちとともに、ひどい言葉でいびきを指摘してしまいたくなることもあるでしょう。

その結果、旦那さんが逆切れして夫婦げんかの種になり、いびきの改善にはつながらないといったさらに悪い状態になってしまうことが考えられます。

旦那さんにいびきがひどいことを伝えるのに一番良い方法は、旦那さんの健康面を心配しているという方向からアプローチすることです。

実際にいびきは睡眠時無呼吸症候群など、命に係わる病気の症状であることも少なくありません。

ですので、いびきのことを旦那さんに伝えるときには、イライラした気持ちをぐっと抑えてやさしく健康面を心配し、いたわる感じで伝える必要があります。

この時に大切なのが、いびきのことを伝えると同時に、睡眠外来など専門の医療機関の受診を勧めることです。

病院でいびきの原因を突き止め、治療を行えば、いびきを解消することも可能です。

このような方法で旦那さんにいびきを改善してもらえば、旦那さんも健康を取り戻し、妻も安眠を取り戻すことができるという一石二鳥の効果を得ることができます。

まとめ

  • 旦那さんのいびきに悩む女性は少なくない
  • 旦那さんのいびきを指摘できずに困っている女性もいる
  • いびきがあることを伝えるときには健康面を心配しているという方向からアプローチする
  • いびきがうるさいことを伝えると同時に専門の医療機関の受診も勧めてみる

ここまで、いびきのうるさい旦那さんにそのことを伝えるときの注意と、伝えることのメリットについて説明して来ました。

いびきには重篤な病気が隠されていることもあるので、早めに旦那さんにいびきのことを伝え、専門の医療機関を受診してもらうようにしましょう。