子供の健康を守りたいという気持ちは、全ての母親が持っています。

特に「虫歯」は、風邪とは違って、数日様子をみたら治ったということがありません。

虫歯になってしまうと、必ず治療が必要になります。

そして一度虫歯になってしまうと、虫歯になりやすいというのが、ママにとって気がかりなことですね。

ただ、歯磨きというのはやれば良いというものではありません。

正しい力加減で、効果のある磨き方をしなければ、逆効果になることもあるようです。

今回は、食べ盛りになった3歳児にスポットを当て、ちょうど良い歯磨きの方法をご紹介していきます。

3歳の子供の歯磨き「やりすぎ」には注意が必要


歯磨きというのは、正しい方法で磨けていれば、回数が多くなっても特に問題はありません。

ただ、3歳児はまだまだ手先が不器用ですので、歯を傷つけるような磨き方をしてしまうことがあります。

もしもきつく歯を磨いていたとすれば、歯磨きの度に歯の表面が傷だらけになるという結果を招いてしまいます。

歯を傷つけると、その部分から大切なカルシウムが流れ出てしまうことがあります。

また、傷ついた部分は溶けやすい状態になりますので、そこから虫歯が始まるということにもなりかねません。

幼少期の歯磨きで重要なポイントは、「大人が仕上げ磨きをしてあげる」ことです。

歯磨きを子供まかせにすると、歯を傷だらけにする可能性もありますので、パパやママがちょうど良い力加減で磨いてあげるようにしましょう。

3歳の子供の歯磨き「力加減」について


歯を磨くときのベストな力加減を知る、一番良い方法は、歯科医師や歯科助手から歯磨き指導を受けることです。

歯磨きの知識を持っている人に磨いてもらうと、意外なほどにやさしくブラッシングするものだということがわかります。

なお、自宅で力加減を知る方法は以下の通りです。

歯ブラシの「ブラシ部分」を手の甲に当ててみてください。

次に、少しずつ力を入れて押していきます。

「ブラシの先端が少し開く程度」という力加減が、歯磨きのときの理想の力の入れ方です。

重さで表すと、150グラム~200グラムの間くらいの力加減で磨くのが理想といわれています。

ご家庭に料理用の計りをお持ちの方は、指でそーっと押して重さの感覚を体感してみましょう。

3歳の子供の歯磨き「所要時間」はどれ位?


一説では「歯磨きだけで完全に虫歯菌や食べカスを除去する」には、1回あたり3時間の時間が必要といわれています。

歯科学会の研究による説ですが、食事が終わる度に3時間も磨いていれば、ほぼ1日中歯磨きをすることになります。

そのような非現実的なことはできるわけがありませんので、歯医者さんも推奨はしていませんね。

多くの歯医者さんがよくおススメするのは、歯は一気に全面を磨かず、1本ずつていねいに磨くことです。

特に奥歯は歯ブラシが届きにくいですので、ゆっくりていねいに磨くことが大切です。

3歳児はまだ口が小さく、歯ブラシが奥まで入りにくいこともありますよね。

そういう場合は、奥歯までしっかり届く細いタイプの歯ブラシをもう1本用意してあげるようにします。

子供はなかなか落ち着いて口を開けてくれませんので、5分で限界ということもあるかと思います。

ただ、できれば夜寝る前など、1日に1回はママがしっかりと磨いてあげる時間を持つことは大切です。

歯医者さんは30分程度歯磨きをすることを推奨していますので、1日1回30分を目標に磨いてあげるようにしたいですね。

まとめ

  • 歯を傷つけると、その部分は虫歯になりやすくなる
  • 傷ついた歯の表面からカルシウムが流れてしまうこともある
  • 子供の歯磨きは、大人の仕上げ磨きが肝心
  • ゴシゴシきつく磨くのではなく、やさしくブラッシングするのがコツ

ついつい仕上げ磨きのときに力が入ってしまうというママには、「はみがきめんぼう」がおススメです。

はみがきめんぼうは赤ちゃん用のものですが、これなら歯を傷つける心配はありません。

しかもキシリトールが含まれていますので、虫歯菌の活動を阻害するのに最適です。

デンタルケアは、どんどん回数を増やしたり、力を込めてするものではありません。

マウスウォッシュやタブレットを使うなど、さまざまな方法を活用して、虫歯菌が活動しにくい環境を作るということも視野に入れていきましょう。

子供が歯磨きをさせてくれないときは、せめて水でゆすいで吐き出すだけでも、食べカスや細菌を減らすことはできます。