3歳になると、子供の生活スタイルはかなり大人に近づいてきます。

大人と同じように、1日3食しっかり食べられるようにもなってきますね。

食べる回数や食べ物のバリエーションが増えてくると、心配になるのが虫歯…ではないでしょうか。

そこで今回、歯磨きの理想の回数や時間などについて調べてみました。

子供を虫歯にさせないためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

3歳の歯磨きは1日何回やれば良いの?


虫歯というのは、「虫歯菌と糖」の2つが原因で出来てしまいます。

多くの食べ物には糖が含まれていますので、食後はなるべく歯磨きをして食べカスをかき出すのが理想です。

つまり、1日3回食事をした場合は、歯磨きも1日3回するのが理想ということですね。

また、3歳位になってくると、ご飯の時間以外にもいろんな物を食べたがります。

クッキーやアメやアイスクリームなど、子供は甘い物が大好きです。

おやつの多くには糖が含まれていますので、間食をした後にも歯を磨くことを習慣にしていきましょう。

また、糖分をカットしたおやつを選ぶというのも、虫歯を遠ざける1つの方法です。

3歳の子供って歯磨きのタイミングを見つけるのが難しい…


食事の度に歯磨き、そしておやつを食べた後にも歯磨き…。

「食べる度に歯を磨く」のが理想だとわかっても、実際のところ思った通りにいかないのが3歳児を持つママの悩みどころですね。

ご飯が終わるとすぐに遊び始めてしまったり、眠くて急にお昼寝をしてしまうこともあるかと思います。

歯磨きを嫌がり、逃げ回ることだってありますね。

子育てには、どうしようもないことが多々ありますので、歯磨きだけに頼らずに虫歯リスクを下げることも考えましょう。

■子供が歯磨きをしてくれないときは…
  • 物を食べた後はせめて「ゆすぎ」だけはさせる
  • 子供用マウスウォッシュでゆすぐとさらに効果的
  • 虫歯菌の活動を阻止する「キシリトール」配合のタブレットなどを食べさせる

虫歯というのは、食べカスだけでなるものではありません。

口の中の健康を保つためには、虫歯菌も食べカスも両方除去するのが一番です。

でも、どうしても歯が磨けないという場合には、「虫歯菌の活動をさまたげる」という方法を取り入れいます。

歯に良いとされるマウスウォッシュやガム、タブレットなどを上手に利用して、子供の口内環境を整えていきましょう。

3歳の歯磨きはどれくらい時間をかけるべき?


歯科学会の研究によると、「歯磨きだけで」汚れや食べカスを完璧に取り除くには、3時間以上かかるそうです。

食事の度に3時間もかけて歯磨きをするとなれば、起きている間はずっと歯を磨いていなくてはなりません。

でも、現実的にそんなことができるわけがありません。

目標としては1回あたり15分以上、できれば30分位かけて磨くのが理想です。

毎回は無理でも、夜だけでもじっくり丁寧に磨くようにすると、口の中はかなり清潔に保てます。

また、時間にばかりこだわるのではなく、「磨き方」にも注目することが大切です。

歯は一気に全体を磨くのではなく、1本1本確実に磨くように意識します。

特に奥歯は歯垢がたまりやすい場所ですので、口に入りやすい大きさの歯ブラシをもう1本用意するという方法も取り入れると良いようです。

まとめ

  • 物を食べたら必ず歯磨きをするのが理想的
  • 虫歯は「虫歯菌と糖」が原因で出来る
  • 歯磨きができないときはゆすぎだけでもさせた方が良い
  • 有効成分入りのマウスウォッシュやタブレットを使うと効果的

子供が虫歯になりやすい体質か否かを知るには、満3歳という時期が1つの目安にされています。

3歳になったときに虫歯が1本もないのであれば、その子はこれまでの3年間で虫歯になりにくい体質になったといえます。

逆に、3歳の時点ですでに虫歯になったことがあるのであれば、要注意です。

幼い頃に、大人と同じお箸やスプーンで物を食べることにより、大人の虫歯菌が住み着いてしまった可能性があります。

3歳までに虫歯菌が口の中に住み着くと、その子は虫歯になりやすい体質になってしまいます。

虫歯になりにくい子供が口の中に持っている「善玉菌」入りの歯磨き粉も売っていますので、虫歯に対抗できる体づくりをしてあげましょう。

気になる方は、ブリアン(http://kodomohamigaki.com)の公式サイトを参照してみてください。