子供を虫歯になりにくい体質にするためには、2~3歳児までの歯磨きが重要っていいますよね。

でも、子供の歯を磨いていて、ふと不安になることはありませんか。

歯磨きって、食後すぐにやった方がいいの…?

ベストなタイミングっていつなんだろう…?

今回は、2歳児の子供を持つママのために、歯磨き効果が高いタイミングを詳しく紹介していきます。

「2歳の歯磨き」食後すぐはダメって本当なの?


「ごはんを食べた直後は、歯磨きしない方がいい」という話を聞いたことがあるでしょうか?

でも、「食後にきちんと歯を磨いた方がいい」ともいいますよね。

いろんな意見が耳に入ってくると、いつ磨けば良いかがわからなくなります。

実はこれは「食後は少し時間を空けてから歯磨きしましょう」という意味なんです。

毎食後の歯磨きはもちろん大切なことなんですが、食べてすぐに磨いてしまうと、虫歯リスクが上がるのです。

物を食べたすぐ後は、口の中のいろんな細菌が活発に動き回ります。

細菌が活発な状態のときに、歯ブラシで磨いてしまうと、歯の表面が傷つきやすいといわれています。

歯の表面は「エナメル質」におおわれているのですが、ここに傷がつくと虫歯になりやすくなってしまいます。

特に2歳児の歯はまだまだ柔らかく、傷がつきやすいので注意してあげましょう。

「2歳の歯磨き」 食後何分に磨けば良い?


食事をとってから30分以上が経過すると、虫歯菌が食べカスの中の糖分と結びつき始めます。

そのとき、虫歯菌は酸を作りだすのですが、酸は虫歯の元となります。

酸によって歯が溶けることで、虫歯になってしまうのです。

食事の後は、30分以上あけずに歯磨きを始めると良いようです。

ただ、小さな子供は食事の後にお昼寝をしてしまうこともありますよね。

気がついたら眠ってしまっていたということも、少なくないのではないでしょうか。

いつ寝てしまうかわからない、いつきげんが悪くなるかもわからないのが、2歳児の難しいところです。

そこで、歯磨きができないこともあるという考え方を持って、食後は水でゆすぐという方法を取り入れてみましょう。

口の中の食べカスや細菌は、ゆすぎだけでも減らすことが可能です。

「2歳の歯磨き」一番良いタイミング


食後の歯磨きは、食べ終わってから30分以内にするのが基本です。

ただし、歯磨きは早く開始すれば良いというものでもありません。

先にも少しご説明しましたが、ご飯を食べた直後というのは、口の中に常在する細菌が活発に動きます。

食べてすぐに歯磨きに取りかかると歯を痛めることになりますので、少し時間をおくようにしましょう。

食事が終わったら、だいたい10分か15分ほどしてから歯磨き始めるのがベストタイミングです。

ご飯を食べ終えて、食器を洗ったり、テーブルをきれいにしたりし終えたら、そろそろ歯磨き準備という捉え方で良いです。

まとめ

  • 食後すぐに歯を磨くと、歯の表面のエナメル質が溶けたり傷ついたりする
  • 食後30分以上経つと、虫歯菌が糖分をエサにして酸を作ってしまう
  • 酸は歯を溶かして虫歯にする
  • 食後10分か15分ほど休憩したら歯磨きを開始するのがベストタイミング

2歳の子供はじっとしてくれなかったり、歯磨きを嫌がったりすることがよくあるかと思います。

どうしても歯磨きができないときには、水で口をゆすぐだけでも効果はあります。

キシリトールやフッ素などが含まれているマウスウォッシュを使えば、虫歯のリスクはさらに下げられます。

子供がおだやかでゆっくり磨けそうなときはていねいに磨く。

言うことを聞いてくれないときは、せめて口をゆすぐ。

そんなふうに工夫して、子供の歯の健康を守っていくと良いですね。