子供の歯は、力を入れてゴシゴシ磨いちゃダメ?

歯を傷つけると虫歯になる?

子供の歯磨きには、いろんな噂や憶測が飛び交いますよね。

特に小さな子供を育てていると、そんな一つ一つの疑問が気になって仕方ないものです。

そこで今回は、1歳児の歯磨き法について詳しくご紹介していきます。

ちょうど良い力の入れ具合や、理想の歯磨き時間についても説明しますので、ぜひ参考にしてみましょう。

「1歳児の歯磨き」…やりすぎると歯が傷つく恐れも!


「歯を磨く」という日本語を読むと、何となく「ゴシゴシと磨き上げる」というような印象がありますね。

でも、歯はゴシゴシ磨き上げれば良いというものではありません。

子供の虫歯を心配するあまり、必要以上に力を入れたりしつこく同じ所を磨くと、逆効果になることがあります。

歯の表面は、歯を守ってくれる「エナメル質」が覆っています。

ゴシゴシときつく磨いたり、何度も同じ所ばかりを磨きつづけると、エナメル質が傷つき溶けやすくなってしまいます。

虫歯というのは、傷ついた部分や溶けた部分にできやすいので注意が必要です。

特に、幼い子供の乳歯は傷つきやすいので、優しく「ブラッシングする」という感覚で磨いてあげましょう。

1歳児の歯磨きの力加減について


子供の歯を磨くときの力加減は、数字で表現すると「150~200グラム前後」が理想です。

…といっても、どの程度の力が150~200グラムに値するのかは、想像しにくいですよね。

調理用の計りをお持ちの方は、指を置いて、そっと指先に力を入れてみてください。

少しずつ力を入れて押していくと150~200グラムになりますので、だいたいの力の加減がわかるかと思います。

あるいは、歯ブラシを手の甲に当てて、色んな力加減で押してみるという方法もあります。

手の甲に歯ブラシを当てた状態で少しずつ力を入れてみて、毛先が広がったら力を入れすぎの状態です。

また、歯ブラシは使い始めて1ヵ月程度で交換するのが一般的です。

1ヵ月が経たないうちに、完全に毛先が割れたように広がるということであれば、強く磨きすぎということになります。

1歳児の歯磨き時間はどれ位が良いのか


1回あたりの歯磨きの時間は、その子供の歯並びなどによって差が出るものです。

奥歯や歯のすき間にすんなりと歯ブラシが入る子の場合は、比較的スムーズにキレイになります。

歯磨き時間の理想としては、1回あたり20~30分としている歯科医が多いようです。

でも、実際のところ、子供はそんなに長く口を開けてくれないですよね。

第一、大人でも、毎回20分以上時間をかけて歯磨きしている人は、そんなにはいないのではないでしょうか。

子供の歯を磨くときは、時間ばかりにとらわれず、正しく磨くことを意識しましょう。

歯並びがデコボコしている所や、奥歯、歯と歯のすき間は、食べカスや歯垢がたまりやすいといわれています。

■正しい歯磨き法
  • 歯と歯ぐきの境目は、歯ブラシを斜めにして磨く(45度位が理想)
  • 歯のすき間にしっかりとブラシを入れて、食べカスや歯垢をかき出す
  • 歯は1本1本「小刻みに」ブラッシングして磨く

乳児の場合は、生えかけている歯など、奥の方に1本だけ背の低い歯が生えていることもあります。

背の高い歯の陰にかくれて見えにくく、歯ブラシがすき間に入っていないことがありますので、注意が必要です。

まとめ

  • 歯磨きで表面のエナメル質が傷つけないようにする
  • 特に幼い子供の乳歯は柔らかく、傷がつきやすい
  • 食後すぐに歯を磨くと、歯の表面が傷つきやすい
  • 食べてから10分か15分位経過したら磨くようにすると良い

今までの磨き方で、「すでに子供の歯を傷つけてしまったかも…」と心配な方もいるかも知れませんね。

歯の表面が溶けたり傷ついたりしている場合は、「歯を再石灰化」するようにします。

つまり、歯の表面の状態を修復するということです。

歯の再石灰化をするのに、力を発揮してくれるのはフッ素です。

歯医者さんに相談して、フッ素を塗ってもらってもいいし、フッ素入りの歯磨き粉を使っても良いですね。