「虫歯菌って、親から子にうつってしまうらしいよ」という話を聞くと、親としては心配ですよね!

でも、具体的にどんなふうにして、虫歯菌は感染していくのでしょう…?

今回は、子供への虫歯菌の感染について調べてみました。

虫歯菌の感染原因と、子供を虫歯菌から守る方法をいろいろ紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

虫歯菌が子供に感染する原因は?


甘い物をひかえさせたり、毎日ちゃんと歯磨きをしても、虫歯になりやすい子供っていますよね。

その原因は、小さい頃に大人から虫歯菌がうつったことで、虫歯になりやすい体質になってしまったからだといわれます。

虫歯になりにくくするためには、0歳~3歳まで虫歯菌に感染させないことが重要です。

■虫歯菌はどうやって子供に感染する?
  • お箸やスプーン、コップなどからうつる
  • 大人が、唾液のついた手で子供の顔や口に触れる
  • 大人が付けていたマスクを子供が触り、その手でおやつなどを食べる
  • パパやママからのキスで感染する

虫歯菌は唾液で感染しますので、唾液がつく物はすべて感染の元になります。

風邪や花粉症などで、咳・くしゃみをしたときも要注意です。

くしゃみなどのときに口に手を当て、その手を洗わずに子供に食事を与えれば、子供の口の中に虫歯菌が侵入してしまいます。

お箸を共有すると子供に虫歯菌がうつる?


大人が口に入れたお箸やスプーンを使って、子供に物を食べさせると、虫歯菌が子供の口に入ります。

お箸・スプーンをはじめ、コップやお皿なども、大人と共有することは絶対にしないようにしましょう。

他には、テーブルに家族みんなの分のおかずを盛り付けることがありますよね。

そのおかずを、みんなのお箸で突っつくという行為からも、虫歯菌はうつってしまいます。

人が口に入れたお箸で突っつくのではなく、盛り付け専用のお箸をおかずの所に用意するなどの対処が必要です。

虫歯菌の感染は、唾液が少しでも付いた可能性のあるものは、子供の口に入れないようにすることで防げます。

子供を虫歯菌から守りたい!感染の予防法を紹介


虫歯菌は、お箸・スプーン・コップなどの食器類を共有するとうつります。

大人用の歯ブラシのそばに、子供用の歯ブラシを置いておくのもNGです。

歯ブラシから歯ブラシへと、虫歯菌が感染するからです。

■虫歯菌の感染予防の方法
  • 食器類を共有しない
  • お皿やお箸などの食器類は、洗浄後によく乾燥させる
  • 食器洗浄機や食器乾燥機を使って、虫歯菌を死滅させる方法は効果的
  • 大人の歯ブラシと子供の歯ブラシをそばに置かないようにする
  • 歯ブラシ専用の除菌スプレーを吹きかけると、虫歯菌は除去できる

虫歯菌は、「熱」と「乾燥」に弱いのが特徴です。

食器乾燥機で熱風を数十分当てるという方法は、虫歯菌を死滅させる良い方法です。

人の唾液がつく物は、どれも虫歯菌の感染元になりますので、じめじめした場所に置かないようにしましょう。

まとめ

  • お箸やスプーンを子供と共有すると虫歯菌がうつる
  • 3歳までに虫歯菌に感染させないことが重要
  • 虫歯菌は唾液を伝って、子供に感染する
  • 歯ブラシから歯ブラシへの感染にも気をつける

虫歯は、口の中に侵入した「虫歯菌」と「糖」が結びつくことで出来ます。

しっかり歯磨きをして、食べカスや菌をかき出すことを習慣にしていきましょう。

ただ、子供が歯磨きを嫌がることもありますよね。

そんなときには、口の中をゆすぐだけでも良いので、できるだけ口内環境が清潔になる工夫をします。

フッ素配合のマウスウォッシュを使うと、虫歯菌の繁殖を抑えることもできますよ。