大人の虫歯菌が、子供にうつらないかどうかが心配!というママは多いといわれています。

せっかく子供の歯をきちんと磨いてあげているのに、大人から虫歯が感染したら元も子もありませんね。

そこで今回は、虫歯菌がどのようにして子供にうつってしまうのかを調べてみました。

また、虫歯菌がどれほど体に悪いものなのかについてもご紹介します。

子供の歯を守りたいという親御さんは、ぜひ参考にしてくださいね。

虫歯菌が子供にうつる原因は?


虫歯菌は「唾液」を通して、人から人へ感染するものです。

虫歯は感染症ですので、注意していなければ子供にうつってしまいます。

大人の唾液がついた物は、絶対に子供の口に入れないようにしましょう。

以下に、虫歯菌が子供にうつってしまう原因を紹介しておきます。

■大人の虫歯菌が子供にうつる原因
  • 大人が口をつけたコップで、子供も飲み物を飲む
  • 大人が食べているお箸やスプーンを使って、子供にご飯を食べさせる
  • 子供の口や口のまわりに大人がキスをする
  • 家族全員の歯ブラシを、同じ入れ物に保管する(歯ブラシから歯ブラシに感染する)

虫歯菌が子供の体に与える影響


虫歯菌は人間の体にいろいろな悪影響をおよぼします。

わかりやすい影響としては、たとえば治療中の虫歯があると、反対側の歯ばかり使って食べるということがありますね。

片側ばかりで物を噛む・食べると、噛み合わせは悪くなり、あごが左右バランス良く発達しにくくなります。

今、虫歯になっていないとしても、虫歯菌を持っているというのは「病気の元」を持っているのと同じです。

口の中に病気の元を持ち続けて生活するのは、決して良いことではないですね。

他に、虫歯菌が体全体にどんな悪影響を与えるかをご紹介します。

■虫歯菌が体に与える悪影響は…
  • 歯茎が腫れたり歯周病になったりする
  • 上の奥歯から菌が侵入すると副鼻腔炎になり、鼻に炎症が起きる
  • 頭痛になる
  • 集中力が低下する
  • 重度の虫歯を放置すると、脳梗塞を引き起こすこともある

虫歯菌を子供にうつさないための対策として


たとえば自分が風邪やインフルエンザになったとき、同じお箸で子供に食事を食べさせる親はいませんね。

子供にうつさないように、できる限り配慮をするかと思います。

虫歯菌に対しても、風邪などのさまざまなウィルスと同じように、慎重にとらえておく必要があります。

咳やくしゃみで唾液が飛散すると、風邪のウィルスのように虫歯菌も飛んでしまいます。

子供に触れるときは、手を清潔にしておくよう心がけましょう。

もちろん、コップやお箸など口をつける物については、親子が共有して使わないことも大切です。

ただ、虫歯菌というものは目には見えませんよね。

いつなんどき、子供の口の中に侵入したかがわからないという不安もあるかと思います。

虫歯菌は口に入った瞬間から急に繁殖するものでもなく、すぐに虫歯になるというものでもありません。

積極的に口をゆすがせるようにして、虫歯菌が住み着く前に吐き出す習慣をつけさせましょう。

まとめ

  • 虫歯菌は唾液で感染する
  • 人が口をつける物はすべて感染の原因となる
  • 虫歯菌は体にさまざまな影響をおよぼす
  • 唾液が子供の口の中に侵入しないように、食器などは分けることが必要
  • 口をゆすいで細菌を吐き出す習慣をつけると良い

虫歯菌は「感染症の菌」ですので、体全体に悪影響を与えていきます。

虫歯菌が血管に侵入してしまうと、脳梗塞を引き起こしてしまうこともあります。

また、虫歯菌を保有している状態が続くと、体の免疫力が下がるといわれています。

免疫力が下がると、風邪やあらゆるウィルス感染にも弱くなってしまいます。

強い体にしていくには、病気の元である虫歯菌を持っていては不利だということですね。