子供の歯を健康な状態で保ちたい!という思いは、誰もが持っていますね。

毎日の歯磨きはもちろん大事だけど、虫歯予防の方法は他にもいろいろあるといわれています。

今回は、子供の虫歯を予防したいというママたちのために、「虫歯菌をなくす方法」をご紹介します。

この機会に、子供を虫歯菌の感染から守る方法を知って、我が子を虫歯から遠ざけましょう!

子供を虫歯にさせないためには「虫歯菌の感染予防」が大事!


生まれたての赤ちゃんの口の中は、ほぼ無菌状態だといわれています。

はじめから虫歯菌を持って生まれてくるわけではないのに、どこから虫歯菌が入るのか不思議ですよね。

実は虫歯は、「唾液」で菌がうつってしまう、感染症なのです。

つまり…パパやママをはじめ、まわりの人の唾液から、子供に虫歯菌が感染してしまうということなんです。

口の中に「虫歯菌」が侵入すると、糖分を使って「酸」が作られ、やがて虫歯になってしまいます。

子供を虫歯にさせないためには、他の人からの虫歯菌の感染を防ぐことが大切です!

歯のすき間や口の中に食べカスが残っていても、それだけで虫歯になるのではなく、虫歯菌と結びつくことで虫歯になるんですね。

次に、大人の虫歯菌が、どんなふうに子供の口に侵入するのかを見ていきましょう。

子供の口の中から虫歯菌をなくすために


■虫歯菌の感染経路は…
  • 親が口に入れたお箸やスプーンで子供に食べさせる
  • 親が食べかけているお菓子を子供に食べさせる
  • 親と同じコップで飲み物を飲む
  • 咳やくしゃみで唾液が飛散する
  • 大人の歯ブラシから子供の歯ブラシにうつる

虫歯菌は「唾液」で感染しますので、他の人の唾液が子供の口に入らないようにすれば、虫歯菌はうつりません。

親が口にしたお箸・スプーンを使って、食べ物を子供に食べさせると、親から虫歯菌が感染します。

また、花粉症や風邪のときにくしゃみをしたりすると唾液が飛びますね。

くしゃみの際に口に手のひらを当てれば、その手に唾液がつくことになります。

そのまま子供の口のまわりに触れたり、食べ物を食べさせると、虫歯菌は子供の口の中に侵入するのです。

子供を虫歯菌から守るためには、清潔な手で子供に接することが大切です。

また、虫歯菌は目には見えませんので、知らない間に子供の口に入ってしまう可能性もあります。

「虫歯菌がいつ侵入しているかわからない」という意識を持って、積極的に口の中をゆすがせたり、うがいをさせたりすると良いようです。

子供用のマウスウォッシュなどを活用し、口の中の細菌をできるだけ吐き出させるようにすれば、クリーンな状態が保てます。

虫歯菌の殺菌方法について


哺乳瓶は煮沸消毒したり、専用の消毒液(ミルトンなど)で殺菌しているかと思います。

でも、子供の口腔環境を守るには、歯ブラシの殺菌のことも考えた方が良いですね。

基本的に、歯ブラシは「流水でよく汚れを落とすこと」と「しっかり乾燥させる」ことで清潔に保つことができます。

さらに除菌を徹底したい場合は、歯ブラシを除菌する専用のスプレーを歯ブラシに吹きつけるという方法があります。

「歯ブラシ除菌スプレー」と検索すると、各メーカーさんの商品がいくつも出てきますよ。

では、口の中に虫歯菌が入った場合はどうすれば良いのでしょうか。

フッ素配合・キシリトール配合の、子供用マウスウォッシュを使うと、虫歯菌の活動を妨げることができます。

また最近では、虫歯菌に対抗する善玉菌を使うという方法が注目されています。

「 L.ロイテリ菌」「BLIS・M18」という菌が口の中にあると、虫歯菌と戦ってくれます。

特に子供に人気があるのは、「BLIS・M18」配合のブリアン(http://kodomohamigaki.com/)という歯磨き粉です。

甘くておいしいということと、ゆすぎ要らずで、そのまま飲み込んでも体に害がないことから、愛用者が増えているようです。

まとめ

  • 虫歯菌は「糖」を使って歯を酸化させ、虫歯を作る
  • 子供の口の中に、家族の虫歯菌が入らないようにするのが大事
  • 虫歯菌は目に見えないので、口の中をゆすぐ習慣をつけると良い
  • 最近は虫歯菌に対抗する「善玉菌」が注目されている

子供がまだ赤ちゃんだったり、ゆすぎが上手くできない年齢の場合は、歯を磨くための綿棒を使うのがおススメですよ。

いろんなメーカーさんから、「はみがきめんぼう」という名前で販売されていますので、検索してみてください。

多くのはみがきめんぼうには、キシリトールが含まれているので、歯の酸化を防いでくれます。

片方の先端が細くなっていますので、歯のすき間汚れもキレイにかき出せます。

家族からの虫歯菌感染を防ぎ、口の中を清潔にすれば、子供の歯は守られます。

今回ご紹介したさまざまな方法を活用して、虫歯ゼロの子供にしてあげたいですね。