可愛い我が子に、大人の虫歯菌をうつしてしまうなんて、考えただけで嫌ですよね。

でも、どんなことに気をつければ虫歯菌がうつらないかは、知っているようで知らない人が多いようです。

そこで今回、虫歯菌はどのように感染していくかについて、いろいろ調べてみました。

感染を防ぐおススメの方法も紹介していきますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

虫歯菌を子供にうつさないためには


虫歯菌は、たとえば感染力の強いウィルスの病気のように、「空気感染」はしないそうです。

では、どうやって虫歯菌が人にうつるのかというと、唾液で感染していきます。

つまり、子供に虫歯菌をうつさないためには、唾液が子供の口に入らないようにする必要があるということですね。

たとえば、パパやママが風邪を引いていて、咳やくしゃみのときに口に手を当てることがありますね。

その手に唾液がつくと、手から子供の口に虫歯菌がうつるということがあります。

虫歯菌は空気では感染しないものの、唾液で感染していきますので、子供に接するときには手を清潔するようにしましょう。

虫歯菌が子供に感染する原因はこんなにある!


■子供に虫歯菌が感染する原因
  • 他の人が口に入れたお箸やスプーンで、子供に食べ物を食べさせる
  • 他の人が食べかけの物を子供に食べさせる
  • 家族みんなの歯ブラシを同じ場所に保管していると、歯ブラシから歯ブラシに菌がうつる
  • 咳やくしゃみなどで唾液が子供の方に飛び、感染する
  • パパやママの唾液がついた手で、子供におやつなどを食べさせる
  • 子供の口や、口のまわりにキスをすると、感染原因になることがある

虫歯菌は唾液感染しますので、子供と同じお箸やスプーンを使わないようにしている親は多いようです。

でも、歯ブラシから歯ブラシに菌が感染することがあるというのは、意外と知られていないのではないでしょうか。

また、子供へのキスも要注意というのは驚く方も多いかも知れませんね。

子供を虫歯菌から守る対策法


ここまで、さまざまな経路で「唾液によって虫歯菌が感染する」という例を見てきました。

子供が口にする物は、全て大人と共有しないことが、子供を虫歯菌から守る第一の方法です。

スプーンやお箸、コップなどを徹底して分けるようにしたり、大人がかじった物を子供に与えないようにしましょう。

でも、四六時中、子供の様子を監視するというのは無理がありますよね。

知らない間に、お兄ちゃんやお姉ちゃんが食べかけのおやつを、幼い子が食べてしまうようなことがあるかも知れません。

咳やくしゃみで唾液が飛ばないように神経を使っていても、虫歯菌が子供につく可能性もあります。

菌は目には見えませんので、小まめに手を洗ったり、うがいやゆすぎで口の中の細菌を吐き出すクセをつけると良いようです。

虫歯菌が口の中に住み着いてしまわないように、口を清潔にする習慣をつけてあげましょう。

まとめ

  • 虫歯菌は唾液で感染する
  • 子供に虫歯菌を感染させないためには、お箸やスプーンなどを共有しないことが大切
  • 咳やくしゃみで唾液が飛ぶと、虫歯菌が感染することがある
  • 子供の口や口のまわりにキスをすると、虫歯菌が感染することがある
  • ゆすぎやうがいなどで、口の中の細菌を減らす習慣をつけるようにすると効果がある

小さな子供は、自分の手を口に入れたり、落ちている物を口に入れたりすることがよくありますね。

このため、知らない間に子供の口に虫歯菌が侵入してしまうことがありますので、口の中をゆすぐことは大切です。

まだ上手にゆすぎができない年齢の頃は、キシリトール配合の歯磨き専用めん棒を使って、清潔にしてあげましょう。

キシリトールは歯の酸化を防ぎますので、虫歯になりにくくしてくれますよ。