ママたちの間では、「虫歯って、大人から子供にうつるらしいよ」という話題がよく出るようです。

うつるなんて聞いちゃうと、うつさないようにするためにはどうすれば良いのか、気になってしまいますよね。

そこで今回、虫歯の感染の仕方についていろいろと調べてみました。

空気感染はどうなのか、キスでもうつってしまうかなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

虫歯菌は子供にどうやってうつるものなの?


子供に対して、「甘い物ばかり食べてると虫歯になるよ」と指導する親は多いですね。

でも、甘い物(糖分)だけで虫歯になるわけではありません。

口の中に虫歯菌があると、虫歯菌が糖分によって「酸」を作るのですが、これが虫歯になってしまうのです。

歯の健康を守るには、歯磨きで糖分を取りのぞくだけでなく、虫歯菌が入ってこないようにすることが必要です。

虫歯菌を持っている大人が食べかけたものを、子供が食べてしまうと、虫歯菌が口の中に侵入するそうです。

また、大人が使ったスプーンやお箸で食べ物を子供に食べさせても、虫歯菌がうつってしまいます。

虫歯の感染を防ぐには、スプーン・お箸・コップなどを、家族が一緒に使わないことがポイントとなります。

虫歯菌は空気感染もする?


虫歯菌は、空気を渡り歩いて感染するものではありません。

ただし、だから安心と思ってしまうと、意外な感染の仕方でうつることがあります。

それは、咳やくしゃみなどで唾液が飛ぶことによって、子供の口の中に虫歯菌が入るという感染です。

他には、母親の唾液がついた手で、子供におやつやパンなどを食べさせれば、虫歯菌は子供の口に入ってしまいます。

風邪やインフルエンザのときと同様に、手を清潔にすることと、咳やくしゃみには注意するようにしましょう。

歯ブラシの保管の仕方でも、虫歯菌が感染することがあります。

大人の歯ブラシと子供の歯ブラシを、1つのコップに無造作に入れておくという保管の仕方です。

この方法だと、大人の歯ブラシから、子供の歯ブラシに虫歯菌や歯周病菌がうつってしまいます。

せっかくお箸やコップを分けているのに、うっかり感染させたということにならないようにしたいですね。

虫歯菌はキスでも感染するもの?


虫歯菌は「唾液」によって、人から人へと感染していきます。

つまり、子供の口にキスをすると、虫歯菌は子供に感染してしまいます。

大人が食べかけた物を子供に食べさせないのはもちろんですが、キスが感染元になることがありますので、注意したいですね。

子供の頬など、口のまわりにキスをしても虫歯菌をうつしてしまうことがあります。

幼い子供の口や口のまわりにキスをするのは、虫歯の原因になりますのでやめましょう。

まとめ

  • 虫歯菌が糖分によって、歯を「酸化」させると虫歯になる
  • 虫歯にならないようにするには、歯磨きだけでは足りない
  • 子供の口に大人の虫歯菌が入らないように気をつける
  • お箸・スプーン・コップ・歯ブラシなどから、虫歯菌は感染する
  • 虫歯菌はキスで感染するので、口や口のまわりにはキスはしないようにする

なお、虫歯菌感染に気をつけるべき年齢は0~3歳とされています。

満3歳になるまで、大人の虫歯菌や歯周病菌が子供の口に入らないようにすれば、その子は虫歯になりにくくなります。

虫歯菌に対抗できるようになるまで、子供が生まれてから3年は特に注意してあげましょう。

口をゆすいだり、うがいをさせたりするだけでも、口の中の細菌は減らせます。

子供がゆすぎやうがいができるようになったら、おやつの後などに積極的に口をゆすがせるようにすると良いようです。