「小さい頃に虫歯菌が口に入ると、虫歯になりやすい体質になる」という話がありますよね。

でも…「小さい頃」って何歳から何歳位までのことなんでしょう?

いろいろ考えると、そもそも虫歯ってどうやってうつるの?という疑問も浮かんできますね。

そこで今回、虫歯菌の感染について、くわしく調べてみました。

虫歯に強い体質を作るための、対処法もご紹介しますね。

虫歯菌が子供にうつるのはいつから?




虫歯は感染症の一つであり、人から人へうつります。

生まれたての赤ちゃんの口の中は、ほぼ無菌状態といわれます。

赤ちゃんの口の中に、大人が持っている虫歯菌や歯周病菌が入ると、菌に感染してしまいます。

虫歯菌の感染には、生まれたときから気をつけてあげなければいけません。

特に赤ちゃんの口の中に虫歯菌が入りやすいのが、離乳食が始まった頃だといわれています。

離乳食を食べさせるとき、味や温度を確かめるために、先に大人が口に入れることがありますよね。

大人が口に入れたスプーンをそのまま使って離乳食を食べさせると、大人の虫歯菌が赤ちゃんの口に入ってしまいます。

■赤ちゃんに虫歯菌がうつる原因
  • ミルクの温度を確かめるために、大人が哺乳瓶の先に口をつける
  • 離乳食の味見などで大人が使ったスプーンで、赤ちゃんに食べさせる
  • 大人が口にしたスプーンを、離乳食が入っているお皿に入れる
  • 赤ちゃんの口や、口のまわりにキスをする

虫歯菌が子供にうつる可能性があるのはいつまで?


子供が0歳~3歳までの間に、口の中に虫歯菌が入ってしまうと、虫歯になりやすい体質になってしまいます。

「虫歯になりにくい子供にするために、感染症を防ぐ期間は生まれてから3歳までが勝負!」ということですね。

でも、なぜ3歳まで気をつけることで虫歯になりにくくすることができるんでしょうね。

そこにはこんな秘密があります。

赤ちゃんの「無菌状態の口の中」を、新築のマンションだというふうに想像してみてください。

新築の部屋は、どの部屋もきれいでピカピカです。

マンションは、少しずつ入居者が来て、3年間で満室になります。

入居してくる人が「虫歯菌を持っている」場合、その部屋は生涯ずっと虫歯菌の部屋であり続けます。

虫歯菌が入居しなかった部屋には、善玉菌が入居してきて、住み続けてくれます。

この差が、「虫歯になりやすい子」と「虫歯になりにくい子」を分けているのです。

3歳までに虫歯菌が住み着いてしまうと、「ちゃんと歯磨きしてるのに、うちの子だけすぐに虫歯になる…」という状態になってしまいます。

子供に虫歯菌をうつさないための対策


■虫歯菌をうつさないための対策
  • 口や口のまわりにキスをしない
  • スプーンやお箸などを大人と共有しない
  • 家族に協力を呼びかける

虫歯菌をうつさないためには、家族と同じスプーンやお箸を使わないことが大切です。

また、お兄ちゃんやお姉ちゃんがいると、親が知らないうちに弟・妹に食べかけのおやつをあげちゃった…ということが起こります。

兄や姉が打ち勝てるわずかな虫歯菌でも、赤ちゃんの口に入ってしまえば虫歯になりやすい状態をまねいてしまいます。

パパやママだけでなく、家族みんなに協力してもらわない限り、虫歯菌の感染から子供を守ってあげることはできません。

お兄ちゃんやお姉ちゃんにも虫歯菌の話を伝えて、弟や妹が3歳になるまで、菌をうつさないように家族で取り組むようにしましょう。

まとめ

  • 虫歯は感染症なので、人から人へとうつってしまう
  • 0歳~3歳まで虫歯の感染に気をつけると、虫歯になりにくい口内環境ができる
  • お箸やスプーンなどは共有しないようにするのが大事
  • 誰かが食べかけの物は食べさせないようにする

昭和40年代頃までは、祖父母も同居している家庭がたくさんありました。

その時代に幼少期だった子供たちは、おじいちゃんやおばあちゃんが口で噛みくだいた物をたくさん食べていました。

そういう環境で育った昔の子供は、大人からの感染で、乳歯の頃から虫歯だらけでした。

今でも、年齢の高いお年寄りの中には、「虫歯菌が感染する」という知識がない人がいます。

おじいちゃんやおばあちゃんは、孫が可愛くてついつい自分のお箸で食べさせてしまうことがあります。

祖父母と子供が一緒に食事をすることがあったら、同じお箸を使わないでほしいということを勇気を出して伝えましょう。