歯ブラシをよーく見ると、根元や先っぽが変色しているということはありませんか?

子供の口の中を「清潔第一」で守ってきたつもりでも、歯ブラシが汚れていると台無しですよね。

でも、どうすれば歯ブラシは清潔に保てるものなんでしょう。

歯磨きの仕方はいろいろ耳にしますが、歯ブラシの保管の仕方って、あんまり聞きませんよね。

そこで今回、歯ブラシの洗い方や保管方法を調べてみました。

不潔にすると子供の歯ブラシにカビが生えることも!


■不潔な歯ブラシに見られる問題
  • 歯ブラシに付いた細菌が繁殖する
  • 湿度が高い場合はカビが生えることがある
  • 大人の歯ブラシから、歯周病菌や虫歯菌が移ることがある

歯磨きを終えた後の歯ブラシには、口の中の細菌がいっぱい付いています。

不潔な状態で放っておくと、細菌はどんどん繁殖してしまいます。

特に、やってしまいがちなのが、1つのコップの中に、家族全員の歯ブラシを入れるという保管方法です。

この方法だと、大人の歯ブラシに付いている虫歯菌や歯周病菌などが、子供の歯ブラシにも移ってしまうそうです…。

日本訪問歯科協会は、「細菌の付いた歯ブラシで歯を磨くと、虫歯になる」と注意を呼びかけています。

歯ブラシを清潔に保つための、「洗い方」と「保管方法」を順番に紹介していきますね。

子供の歯ブラシの正しい洗い方


■歯ブラシを清潔に保つコツ
  • 必ず「流水」で洗う(溜めた水では洗わない)
  • 歯ブラシの角度を変えながら、汚れがしっかり取れるまで流水を当てる
  • 重曹(じゅうそう)にひたして除菌すると、さらに清潔になる
  • 歯ブラシ除菌専用のスプレーを吹きつけても良い
  • しっかりと乾燥させてから保管する

歯ブラシの汚れは、毎回「流水でしっかり落とす」 というのがポイントです。

他には、重曹や専用のスプレーで除菌するという方法もあるようです。

水で流すだけだと、キレイになったかどうか心配という方は、試してみると良いですね。

菌やカビは、湿気があると繁殖してしまいます。

洗い終わった歯ブラシは、徹底して水気を取るようにしましょう。

子供の歯ブラシの保管方法


■歯ブラシの菌が繁殖しやすい環境
  • 同じ場所に複数の歯ブラシを入れる
  • 洗面台に取り付けられた、扉付きの歯ブラシスタンド
  • 窓のないお風呂場やユニットバス

細菌は、じめじめした場所で繁殖しますので、歯ブラシは風通しが良い場所に置くことが大切です。

洗面台の近くに換気扇や扇風機が付いていれば、風が通りますので、細菌の繁殖を抑えることができます。

また、窓がそばにある洗面台は、歯ブラシの保管場所としてはベストです。

窓は風だけでなく、太陽の光も入ってきます。

陽が当たる場所に、まな板を立てたり布団を干したりすると、除菌効果がありますよね。

歯ブラシも、風や太陽に当てるようにすれば、乾燥もさせられますし、菌の繁殖もおさえられます。

まとめ

  • 歯ブラシは流水でよく洗うようにする
  • 専用除菌スプレーや重曹を使うと、より清潔に保てる
  • 湿度の高い場所に置くと、細菌やカビが繁殖する
  • 家族の歯ブラシを1ヵ所に保管すると、細菌が移る
  • 歯ブラシは風通しの良い、乾燥した場所に置く

歯ブラシを洗った後、2~3回ブンブンと振って、水気を払っている方も多いかと思います。

でも、その方法だと不充分だそうです。

歯ブラシの水気を完全に飛ばすためには、最低でも7~8回くらいは振らないとダメなようです。

おススメなのは、清潔なタオルでしっかり水気を取るという方法です。

他には、お風呂上がりに、髪を乾かすついでに歯ブラシもドライヤーで乾かすという方法があります。

ただ、どんなに清潔に保っていても、歯ブラシは1ヵ月程度で寿命が来ますので、買い替えるのを忘れないようにしましょう。