子供用の歯ブラシってたくさん売られていて、どれを選べば良いか迷っちゃいますよね。

また、歯ブラシの買い替えってタイミングがわからない…という方もいるかと思います。

そこで今回は、子供の歯ブラシについていろいろと調べてみました。

子供用歯ブラシの選び方や、買い替え時を紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

子供の歯ブラシがすぐダメになる


家族の歯ブラシを同時に買いそろえたのに、傷み方に差があると感じたことはありませんか?

よくいわれているのが、「子供の歯ブラシがすぐに傷んでダメになってしまう」ということです。

歯磨きのとき、必要以上にきつく力を入れると、短期間で歯ブラシが傷んでしまいます。

歯ブラシがすぐに傷んでダメになるのは、磨き方に問題ありというサインです。

歯ブラシが傷むようなきつい磨き方をしてしまうと、歯を守っている大切なエナメル質が傷つきます。

エナメル質が傷ついたり溶けたりすると、その部分から虫歯になってしまいます。

子供には「やさしくブラッシングする」という方法を教えた方が良いですね。

歯ブラシをそっと子供の手の甲に当て、「これくらいの力で磨こうね」と伝えると、理解がしやすいようですよ。

子供の歯ブラシの選び方


子供の歯ブラシ選びは、その子の成長度合いや歯の生え方に合わせるのが大切です。

■小さな赤ちゃんにはどんな歯ブラシを選べばいい?
  • 生後半年頃までは、ガーゼで拭くか歯磨き専用の綿棒を使う
  • 親の手に、指サックブラシをつけて磨くという方法でも良い
  • 7~8ヵ月頃からは乳歯用の小さな歯ブラシを使うようにする
  • 何でも噛みたがる10ヵ月頃からは「ブラシ部分がゴムのもの」を試す

次に、歯が生えそろった子供に合う歯ブラシを紹介します。

子供用の歯ブラシは「やわらかめ」を選ぶ方が良いといわれています。

子供はどうしてもガサガサ動きますし、きつく歯を磨いてしまいがちですよね。

やわらかいタイプのものを使えば、歯の表面や歯茎が傷つきにくいようです。

子供の歯や歯茎が傷つかないようにするために、「ラウンド加工」してある歯ブラシを選ぶママも多いようですよ。

ラウンド加工とは、ブラシの先端が「丸く加工してある」という意味です。

子供の歯ブラシの「替え時」は?


イラストの右下の歯ブラシは、毛先が広がっていますね。

このように毛先が広がると、うまく歯のすき間に入らず、汚れもかき出せなくなります。

■歯ブラシを買い替えるタイミング
  • 毛先が広がってきたらそろそろ買い替え時
  • まだ毛先が広がっていなくても、ブラシが黄色く変色してきていたら買い替える
  • 歯ブラシの寿命は、1日3回歯磨きをする人で約1ヵ月といわれている

歯ブラシのゆすぎ方や管理が悪いと、ブラシの部分が変色してしまうことがあります。

食べカスや湿気によって変色した歯ブラシは、雑菌がたくさんついていますので、買い替えるようにしましょう。

ただ、歯ブラシは見た目がきれいでも、長く使うと「弾力性」がなくなります。

変色もしていないし、毛先も広がっていないという人でも、1ヵ月に1回は買い替えるのが基本のようです。

まとめ

  • 歯ブラシが傷むのが早いのは、きつく磨きすぎているのが原因
  • 歯ブラシ選びは、子供の成長や歯の生え方に合わせる
  • 生後6か月までは歯ブラシよりも、ガーゼや綿棒を使うと良い
  • 歯ブラシの毛先が広がると、上手く汚れがかき出せなくなる
  • 歯ブラシの買い替えは1ヵ月に1回を目安にする

子供の歯の生え方は、それぞれに違いがあります。

歯並びが悪い、八重歯があるという場合は、特にすみずみまで磨くのが大変ですね。

そういう場合は、細かいところまで磨ける細い歯ブラシをもう1本用意してあげると良いようです。

すき間が狭くて、歯ブラシの先端が入りにくいという場合は、子供用フロスを使うという方法もあります。