引っ越しに伴い、今まで通っていた幼稚園に通えなくなり、転園することがあります。

ここでは、幼稚園を転園するときに必要な準備と手続き、必要書類について説明してきます。

引っ越し前に必要な幼稚園の転園準備とは?


引っ越しに伴う幼稚園の転園にはどのような準備が必要なのでしょうか?

まずは引っ越し先から通える範囲の幼稚園の中で、子どもに合った教育方針の幼稚園を探すことが大切です。

また、希望する幼稚園が転入生への対応に慣れているかどうかも新しい幼稚園選びのポイントになります。

可能であれば、転園を希望する幼稚園を一度見学しておくことをおすすめします。

転園を希望する幼稚園で、今まで通っていた幼稚園で使っていた園グッズが使えるかどうかも確認しておきましょう。

園グッズすべてを買い替えるとなるとかなりの出費になるので、引き続き使えるものがあるかどうか、転園先の幼稚園に確認しておくことで、出費を最小限に抑えることができます。

また、それと同時に今まで通っていた幼稚園の退園の準備も進めなければなりません。

幼稚園側に対しては退園手続きを行う必要がありますが、それ以外にも仲が良かったお友達にお餞別としてハンカチなどの小さなプレゼントを用意しておくと良いでしょう。

引っ越し後に必要な幼稚園の転園手続きとは?


転園を希望する幼稚園に定員の空きがあれば、入園手続きを行いましょう。

転園の手続きは、入園の手続きと同様に親子での幼稚園側との面談や、入園金の支払い、入園に必要な書類の提出などがあります。

この手続きは転園先の幼稚園によって多少違いがあるので、こちらも幼稚園側にきちんと確認しておくようにしましょう。

入園が決まると制服の採寸や園グッズの購入などがありますが、前述したように、前の幼稚園で使用していたものが引き続き使えるようであれば、それらは購入せずに済むので、園側に聞いてみることをおすすめします。

それによって転園にかかる費用を節約することができます。

それから転入するクラスの担任の先生の紹介や幼稚園の施設の説明を受けるなどの手順を踏んでから、初登園の日を決めて登園開始となります。

入園手続きの際に、転園前の幼稚園の在園証明書が必要になることがあるので、転園前の幼稚園を退園する際に忘れずに発行してもらうようにしましょう。

幼稚園を転園する際の必要書類


幼稚園を転園する際には、転園前の幼稚園に提出する書類と転園後に入園する幼稚園に書類を提出する必要があります。

辞める幼稚園に対しては、退園届の提出が必要になります。

そこで退園の日を明確に決め、その日までに幼稚園に置いてある私物を引き取って退園という運びになります。

この時に、その幼稚園に在籍していたという証拠になる「在園証明書」を幼稚園側に忘れずに発行してもらいましょう。

次に、新しく入園する幼稚園に書類を提出する必要があります。

その書類は、入園を希望する幼稚園によって多少異なりますが、一般的には次のようなものになります。
  • 入園願書
  • 誓約書
  • 前の幼稚園に発行してもらった在園証明書
  • 住民票
これらの書類をそろえて提出し、受理されると入園が認められ、初登園の日を決めて、入園の運びとなります。

幼稚園は、保育園と異なり、親の就労証明書等は必要ないので、書類をそろえることは保育園ほど手間のかかる作業ではありません。

まとめ

  • 転園先の幼稚園は子供にあった教育方針の幼稚園を選ぶ
  • 退園時には、在園証明書を発行してもらう
  • 入園先の幼稚園で、前の幼稚園の園グッズがどの程度使えるか確認しておく
  • 入園に必要な書類を前もってそろえておく

ここまで、引っ越しに伴う転園の際に注意すべき点と、必要になる書類について説明してきました。

転園に関わる手続きや、必要書類の準備に漏れがないことも大切ですが、一番重要なのは、転園する子どもの心のケアです。

新しい幼稚園に早く馴染むことができるように、親がきちんと子供のケアを行うようにしましょう。