引っ越しをする時には、保育園の転園をしなければいけない場合があります。

そのような時には、何から転園の準備や手続きを始めればよいのでしょうか?

ここでは保育園の転園の手続きについて説明していきます。

引っ越し前に必要な保育園の転園準備とは?


引っ越しで転園が必要になったときにまずは何から準備すればよいのでしょうか?

まず最初に、通わせたいと思っている保育園の定員に空きがあるかどうかを確認しておく必要があります。

これは引っ越しを予定している自治体の役場の保育課窓口などで確認できます。

もし希望していた保育園に空きがない場合には、他の保育園も視野に入れてどの保育園に転園させるか再検討しなくてはなりません。

予定していた引っ越し先の保育園に空きがない場合には、引っ越し先からバス通園できる保育園を探すか、引っ越し先自体を見直す必要も出てくるかもしれません。

自治体によっては引っ越しが終わって住民票の移動が完了してからでないと、転園の手続きができないところもあるので、その点も引っ越しし先の自治体の役場にあらかじめ確認しておきましょう。

希望する保育園が定員の空き待ち状態の場合、引っ越し前に順番待ちのリストに入れてもらうこともできますが、この場合その保育園がある自治体に住んでいる児童が優先されるケースが多いので、先に住民票だけ引っ越し先に移してしまうという方法もあります。

また、現在通っている保育園の退園届を退園する翌月1日までに提出しておきましょう。

引っ越し後に必要な保育園の転園手続きとは?


認可保育園の場合は、自治体が管轄しているるので、転園を希望する保育園がある自治体の担当窓口に決められた書類を提出するだけで手続きは終了です。

手続きに必要な書類や方法は自治体により異なるので、事前に電話で問い合わせたり、インターネットのホームページなどで調べておくと良いでしょう。

必要書類はインターネットのホームページからダウンロードすることができる自治体もありますが、手続き自体は直接役所の窓口に出向いて行う必要があります。

その園に待機児童がいない場合にはスムーズに転園できます。

待機児童がいる場合には、入園まで時間がかかることが考えられるので、その間に認可外保育園に通わせる必要が出てくる可能性があります。

認可外保育園は認可保育園に比べて保育料が高額になるため、自治体から助成が受けられるケースもあるので、自治体の窓口で確認しておきましょう。

保育園を転園する際の必要書類


保育園の転園に必要な書類は、転園先の自治体によって異なります。

ここでは、一般的な自治体で転園の際に必要になる書類を挙げていきます。
  • 保育所入所、転園等申し込み兼保育の必要性に関わる申請書
  • 就労証明書または就労予定証明書
  • 自営業の場合は終了状況申告書
  • 入園・転園・斡旋に関する確認票
  • 転園を希望する子どもの健康状況申告書
  • 年間給与証明書または年間収入申告書
これらの書類は必要最低限の物なので、自治体によってはこれ以外の書類が必要な場合もあります。

また、勤務先に作成してもらう必要がある書類もあるので、これらの準備は早めに済ませておきましょう。

新しい保育園ではそれまで使っていたスモックなどの園グッズが使えなかったり、新たに別の園グッズが必要な場合もあるので、転園が決まったら早めにこれらの準備もしておきましょう。

園によっては必ず手作りものである必要がある場合もあるので、この点も注意しておきましょう。

まとめ

  • 引っ越しが決まったら、希望の転園先の待機児童の状況を確認しておく
  • 転園希望の保育園は一つに絞らずいくつか選んでおく
  • 転園手続きは直接役所に行って行う
  • 必要書類は早めに準備しておく
  • 転園先で必要な園グッズも確認しておく

ここまで、保育園の転園準備と手続き、転園に必要な書類について説明してきました。

待機児童がいなければ、スムーズに転園は可能ですが、特に都市部の場合はなかなかそうはいかないようです。

希望の園をいくつか選んでおき、それでも転園が難しい場合には、一時的にでも認可外保育園を利用するなどの方法を考えておきましょう。