小さなお子さんをお持ちのご家庭では、英語教育を考えた時、

「いつからどのように英語を始めたらいいのだろう?」

と思ったことはないでしょうか?グローバル化が進み、日本でも2008年から小学校5.6年生で英語教育が始まりました。

今後、その学年は低年齢化すると言われています。まさに、英語は必須の教科ということになりますね。

その必須の英語教育を、どのように、いつから始めたらいいのかを考えてみましょう。

子供に英語教育を始めるには?


まず、どのように始めればいいのでしょうか?

一言で英語と言っても、「リスニング」、「スピーキング」、「リーディング」、「ライティング」など様々。

どれから始めたらいいのか、どのように始めたらいいのか、悩むところです。

それは、日本語を覚える時と同じで、年齢によって始め方が変わるのです。

生まれたての赤ちゃんにいきなり

「字を書きましょう」

と言っても無理ですですよね。でも、言葉を聞くことならできます。

母国語である日本語を聞き取るように、赤ちゃんでも英語を聞き取ることができるのです。

また、字が書けるようになった年齢のお子さんが初めて英語を聞いたとします。すぐに理解できるでしょうか?

今まで聞いたことのない言語なのですからすぐに理解できないのは当たり前です。でも、

「ここに書いてあるABCを書いてごらん」

と言ったらきっと真似することができるでしょう。

このように、始め方は、年齢次第で代わり、その時期に合った始め方をしていけばいいのです。

「子供の英語教育、いつから始めるの?」


では、いつから始めればいいのでしょうか?

英語に馴染むためには、早ければ早い方が良いでしょう。

生まれたての赤ちゃんがお母さんの言葉を耳にして、母国語として自然に覚えるのと同じように、もし、英語を赤ちゃんの頃から耳にしていたら、その赤ちゃんは英語の発音を自然に聞き取れるようになるのです。

この時期は英語をインプットさせましょう。

どの程度の英語力をお子さんに必要とするかにもよりますが、英語に早くから触れたお子さんであればあるほど、日本人の苦手な「L」と「R」のような細かな発音も自然と聞き取れる能力をもち、綺麗な発音ができると言われています。

英語の歌など、赤ちゃんに聞かせてあげることから始めてみましょう。

では、もし、すでに幼児期を過ぎているお子さんが始めるとしたらどうでしょうか?

3歳児以上の児童なら、英語をアウトプットさせることに力を入れましょう。

言葉を覚えだした頃なので、日本語でも英語でも真似したらすぐに言葉を発することが出来る時期です。

このアウトプットの時期をうまく使うことでどんどん英語を覚えていくでしょう。

また、ゲームや歌を歌うことを通して英語って楽しいという事も感じさせてあげる事も大切でしょう。

では、小学生ならどうでしょうか?

すでに聞く、話すだけでなく、母国語の日本語で読み書きをしっかり習得しているお子さんにとって、英語を読み書きしながら覚えることが可能になってきます。

又、学校でも英語教育が始まるので環境的にも英語に触れる時間が長くなり、短時間で習得することができるようになるでしょう。

英語を始める時期の特徴には、それぞれに違いがあるということです。

英語教育を始める前に、ご家庭で、我が子がいつから始めるのが良いのかをしっかり考えてみるのがいいでしょう。

「子供の英語教育、何歳までやるの?」


では、子供の英語教育は何歳まで続けたらいいのでしょうか?

お子さんがどこまで英語を伸ばしたいかにより、英語教育にはいつまでやれば良いと言う終わりはないのです。

現在、小学校から英語は始まります。

特別に習いに行かせなくても、学校の勉強だけついていければ良いというご家庭もあるでしょうし、又は、ネイティブ並みに喋れて将来は世界で活躍して欲しいと思うご家庭など、いろいろな願いがあるでしょう。

その度合いに合わせて、英語を増やし、続けさせてあげましょう。

英語は、浴びれば浴びるほど、触れれば触れるほどできるようになります。

お子さんが小さい頃はご家庭でいつ始めるかと相談されると思いますが、英語教育に終わりはありません。

お子さんが小学生になり、中学生、高校生、大学生になっても、ご本人の意思でやりたいと思う探究心があれば、いつまででも必要です。

そして、やればやるだけ英語は身につくのです。

もし、お子さんに英語を身につけさせたい、世界で活躍させたいと思うなら、

英語が好きで英語を探求したいと思うお子さんに育てることも大切

と言えますね。

まとめ

  • 英語教育はグローバル社会で必須の科目
  • 英語教育は始める年齢によって変わる
  • 英語教育はインプット、アウトプットが大切
  • 英語教育には終わりはない
  • 英語教育は探究心を育てることも必要

世界で活躍する我が子を願うのであれば、お子さんの年齢、方法にあった英語教育を是非早めに始めてあげるのがいいでしょう。