保育園を選ぶ際に、ある程度融通が利く保育園がお勧めです。

保育園のなかには「それは禁止です・・それも禁止です」とやたらと禁止事項の多い保育園があるようです。

たしかに、集団生活の中である程度の規則的なものは必要だと思いますが、持ち物などにあまりにも細かい禁止事項は・・・。

例えばスカート禁止の保育園。今回はそんな禁止事項、スカート禁止について、また女の子のおすすめの服装を紹介していきます。

保育園でスカート以外のNG服


保育園デビューにオシャレでかわいい服を着せたいのは親心ではありますが、保育園にはNGな服 があるようです。

NG服とは知らず、まとめ買いしてしまっては無駄になります。

そうならないためにも、気を付けておきたいNG服を紹介します。

パーカーやジャンバーのフード付きの服
フード付きの上着や飾り紐の付いた服を禁止している保育園は多いようです。 フードや飾り紐は遊具や扉などにひっかかってしまう事あり、思わぬ事故につながりかねません。 大変危険ですのでフードや飾り紐の無いものをできるだけ選ぶようにしましょう。
大きいサイズの服
子供の成長は早いもの・・。もったいないからと、ついつい少し大きめのサイズの服を購入してしまいたくなりますよね。 でも、ズボンの裾が長いことが原因でつまずいて転倒なんて話はよく聞きますし、たとえ裾を折り返していたとしても、折り返し部分がずり落ちても同じことですし、折り返し部分に足を引っかけて同じく転倒というケースも考えられます。 着れなくなっていく服=子供の健やかな成長と素直に喜びながら、できるだけ今のサイズにあった服を着せてあげてください。
ボタンや装飾付きの服
保育園の保育士さんはあれもこれもと業務は繁雑です。 あってはならない事ですが、保育士さんが知らないうちに園児が服のボタンや飾りを取って口に入れてしまうこともあります。 誤飲などの生命にかかわる事故につながりかねません。 ですから出来るだけボタンや装飾付きの服装を避けた洋服選びをしてみてください。
保育園によって多少違いがあるので入園前に確認することをおすすめします。

保育園でスカート禁止の理由


保育園には、先ほどから触れているようにNGな服装があります。

ただ、すべての保育園がそうかと言いますと、そんなこともなく、なんの禁止事項もない保育園もあるようですが、その中でもよく耳にするのはスカートの禁止。

では、なぜスカートが禁止されるのかをお伝えしようと思います。
踏みやすい、踏まれやすい
スカートはいていると保育園での活動中に自分で踏んでしまったり、お友達に踏まれてしまったりという事が起こってしまいます。また、遊具などに挟まってしまいやすく、思わぬ危険を伴います。こういった事故を未然に防ぐためにも、原則スカート禁止となっている保育園も多いようです。
ケガのリスクが高い
園内での活動もそうですが、保育園では散歩などで外出することがあります。スカートをはいていると肌の露出部分が多くなるので、必然的にケガをするリスクが高まってしまいますし、虫刺さなどのリスクも同じく高くなってしまいます。
見た目の問題
保育園は活動することが多いところでもありますし、園児たちは遠慮などなく全力で活動します。そんな中で、スカートをはくと下着が見えてしまうことがあります。目くじらを立てるほど気にすることはないかと思いますが、避けておいた方がいいかと思います。同じようにキュロットをはかせた場合も下着が見えてしまうことがありますので、気を付けておいた方が良いかと思います。


上記の理由などでスカートを禁止している園もあるようです。

保育園 女の子の服装 おすすめ!


着替えの多い保育園ではあまり高価な服は向いていません。

また汚れることも考えてプチプライスな服の購入をおすすめします。

子供の成長は思っているよりも早いのですぐにサイズも変わってきます。

忙しいママは買いに行くのも大変だと思います。

そんな方におすすめするのはネットで買えるプチプライスの子供服です。

キャラクター物を禁止している園もあるので、キャラクターのないものを選びましょう。

1歳児や2歳児は家ではロンパースやつなぎの服を着ている子も多いかもしれませんが、園によってはロンパースではない服を着せてください という園もあるので、入園の前に聞いておきましょう。

下の子が生まれたときのことも考えて流行のデザインの物は避けた方が良いでしょう。

保育園に向いている服装としては
  • とにかく丈夫
  • 洗いやすい
  • 着替えやすい
  • トイレに行きやすい
  • 上下のつながっていない服
上記の点に注意して服を選ぶことをおすすめします。

まとめ

  • 入園前にNG服を確認する。
  • スカートを禁止している園もある
  • プチプライスの子供服を多めに準備する

私服での登園は、自由度の高い分その服選びが大変です。着替えは必ず必要なので、かなりの枚数が必要となります。

汚れや破れを想定してどうなっても惜しくないものを選ぶとよいと思います。

また、洗濯ものの乾きやすさや子供自らが着脱しやすいものを選ぶというのも見逃せないところです。

また、園児の女の子の中には、スカートをはいて行きたい子は必ずいますし、保護者の中にもはかせて行きたい方も多いのでないでしょうか。

中には、園児がどうしてもスカートじゃないと行かないって駄々をこねる園児もいるかもしれません。

しかし、これまで紹介してきましたように、様々な問題を引き起こす原因となりかねないことを踏まえたうえで、個人的には避けておいた方が良いかと思います。