そろそろ職場復帰を・・・と考えているお母さんにとっては保育園選びも大変だと思います。

認可保育園って?認可外保育園って?こども園って何?などわからないことも多いですよね。

ここでは保育園とこども園の違いやメリット・デメリットについてお教えします。

保育園と認定こども園の違いとは?


保育園は両親が仕事をしていて家庭で保育できない、または病気の常態にあり保育できない等の理由により、家庭に変わって0歳から5歳の乳児及び幼児を保育するための施設です。

保育園は養護と教育が一体となった施設で、児童福祉法に位置づけられた「児童福祉施設」です。

子供の成長を支え、適切な保育園運営がなされるよう国の法律や通知によって保育園の設置や運営に必要な基準が定められています。

基準を満たし、都道府県知事の認可を受けた施設 が「認可保育園」です。

子供の保育だけでなく、親や家庭に対して必要に応じて助言や支援を行ったり園を利用していない親に対しても相談を受けるなど地域の子育て支援も行ったりしています。

認定こども園は教育と保育を一体的に行う施設で、幼稚園と保育園の両方の機能を持っている施設です。

内閣総理大臣、文部科学大臣、厚生労働大臣が定める基準に従い、また参酌して各都道府県などが条例で定めた認定基準を満たすことが必要です。

幼稚園は、学校教育法に位置づけられていて、小学校に入る前の3歳から5歳の幼児が利用する教育機関です。

原則として誰でも利用でき、1日4時間の活動時間を基本としています。

保育園と幼稚園の要素が一体になった施設が認定こども園ということになります。

認定こども園には下記の4つの形態があります。

  • 幼保連携型認定こども園(保育所と幼稚園の機能を併せ持つ施設)
  • 幼稚園型(認可幼稚園が長時間保育・子育て支援などの保育園の機能も備える)
  • 保育所型(認可外保育所が保育に欠ける子供以外の子供も受け入れる)
  • 地方裁量型(上記以外)

保育園のメリットとデメリット


保育園のへ通わせるメリットとしてはフルタイムで働いているママにとっては長時間預かってくれる ところです。

朝は7時か7時半から、夕方は6時から6時半までを保育時間としている園がほとんどです。

その時間プラス、朝夕の開始時間から前後30分を延長保育として預かってもらえます。

延長保育は1回300円程度かかりますが、15日以上利用する人は上限金額が定められていますので、保育に係る費用を抑えることができます。

また行事に関しては保護者が働いていることを考慮して日程を考えてくれて、早めに予定をお知らせしてくれるので、行事にも参加しやすいです。

認可保育園、認証保育園、無認可保育園とどこに預けるかによってかかる費用も変わってきますが、認可・認証保育園の場合は世帯の収入によって保育料 が決まっています。

保育園のデメリットとしては保護者の収入が多いと保育料も高くなってしまいます。

無認可の保育園の場合保育料に世帯収入は関係ありませんが、認可保育園よりも高い傾向にあります。

また、0歳児から2歳児は3歳児から5歳児よりも保育料が高く設定されています。 。

世帯収入を考えると、保育園より幼稚園を選んだ方が保育料が安く済む場合もある ようです。

認定こども園のメリットとデメリット


認定こども園のメリットとしては、親の就業の有無や保育の必要性の有無にかかわらず、0歳から小学校入学前まで幅広い年齢の子供が利用できるという点です。

親の就業時間の変化や、弟や妹の出産で育児休暇を取るといった環境の変化があっても、通い慣れた園で安心して保育や教育を受けることが出来ます。

また認定こども園では、年齢に応じた保育と、集団としての教育を並行して行うことが出来ます。

もう一つのメリットとしては、「地域における子育て支援を行う機能」を持っているのが認定こども園です。

入園の有無にかかわらず、誰でも利用できる地域の子育て支援の拠点 なので、育児に悩む親の不安や相談の窓口にもなっており、子供の健康な発達を支援する役割も併せ持っています

デメリットとしては、認定こども園は制度として日が浅く、支援の十分な受け皿となっていないと言うことです。

平成18年から待機児童の解消を目指して導入された制度ですが、既存の幼稚園から認定こども園に移行してくる施設が思ったより少ない状況です。

そのため、待機児童の問題の解消に至ってないのが現状です。

また、保育料が高額になるというデメリットもあり、3倍以上保育料が違うという園もある ようです。

まとめ

  • 保育園は養護と教育が一体の施設
  • 認定こども園は幼稚園と保育園の要素が一体になった施設
  • 保育園はフルタイムで働くママにん
  • 認定保育園に入るためには親の就業の必要性はない

保育園と認定こども園のメリット・デメリットについてよくわかりましたか?

認定こども園は、これからの需要次第で伸びていく可能性を持ったメリットの高い子育て支援施設です。

大切なお子さんを預ける場所なので、メリットもデメリットも十分にわかった上で、自身の家庭のニーズに合った保育施設を選んでくださいね。