保育園には大きく分けて2つの種類があります。

1つは認可保育園。もう1つは無認可保育園です。

言葉だけ聞くと「無」という漢字がついているので

無認可保育園よりも認可保育園の方がよさそうなイメージを

持たれがちだと思います。

ですが、実際にそうなのでしょうか?

今回は実は知らない人が多い!?

認可保育園と無認可保育園の違い、気になるメリットとデメリットを 紹介していきます!

そもそも、認可保育園と無認可保育園の違いって何だろう?


そもそもこの2つの施設は一体どこがどのように違うのでしょうか?

大きな違いは「児童福祉法」に基づく認可を受けているか、受けていないかにあります。

受けている施設を認可保育園、受けていない施設が無認可保育園となるのです。

児童福祉法では保育される人数に対する保育士の数、施設の広さ、設備などが定められています。

広さが足りない、保育士の人数が少ないなどの条件を満たせない施設が無認可保育園です。

ですが、無認可だからといって危ないわけではありません。

むしろ無認可保育園にはそれぞれ特色があり、

お子さんの成長にプラスになるような保育をしてくれる園が沢山あるのです。

国からの制約に縛られないよう、あえて無認可を貫いている園もあるくらい!

またどれだけ充実した保育内容を実施していても、運動場がないが為に認可が下りない、という保育園も少なくありません。

それでは次の項目から認可保育園と無認可保育園を詳しく説明していきます!

そこが知りたい! 認可保育園のメリット&デメリット


認可保育園の最も良い点と言えばやはり、

国の基準を満たしているという意味で安心が出来ることではないでしょうか。

施設の広さもそうですし、保育士さんの数も満たしているので、人手が不足していてお子さん達の面倒をしっかり見れない……ということがありません。

そして保育料が所得に応じて変化するというのもメリットの1つでしょう。

認可保育園では施設の運営に関わるお金を国や自治体から補助してもらえます。

その為保育料も所得に応じて決定されるので負担が少なくて済むのは嬉しいですね!

次に認可保育園のデメリットですが……国の基準を満たす、ということは受け入れ人数も決まっているということ。

つまり、通わせたいと思っている近隣の保育園があったとしても定員オーバーで預けられないということはよくあります。

また深夜保育が出来なかったり、

これから働こうと思っている休職中の方は受け入れの優先度が低くなったりと認可保育園ならではのデメリットがあるようです。

気になる無認可保育園! そのメリットとデメリット


さて、無認可保育園とはどのようなメリットがあるのでしょうか。

この最大のメリットは、保護者の状況に関わらず入園が可能という点でしょう。

認可保育園に通う為には、保護者が就労していることなどが条件になりますので求職中だと受け入れてもらえない可能性があるのです。

また住んでいる地域などにも左右されないので、入園の為の手続きが簡単なことも

メリットの1つだと言えるでしょう。

教育にも独自に力を入れており、英会話を積極的に取りいれている園もあります。

それ以外にも保護者の負担を減らすように、保護者会や園行事が少なかったりと利点が多くあります。

ではデメリットはどうでしょうか。

一番困ってしまうのが、保育料の高さだと思います。

認可を受けていないので補助金が出ないのが大きな理由なのですが、認可保育園と比べるとその差は顕著に表れます。

出来る限り金銭的負担を軽くしたいと思っているご家庭には

もしかすると不向きかもしれません……。

まとめ

  • 二つの違いは児童福祉法の認可が降りているか否か
  • 認可保育園のメリットは、国の基準を満たしている安心感が得られる
  • 認可保育園のデメリットは、定員オーバーになりやすいこと
  • 無認可保育園のメリットは、入園する為のハードルが低いこと
  • 無認可保育園のデメリットは、保育料が高い

認可保育園と無認可保育園。

その違いをご紹介しましたが、どうでしたか?

やはり認可保育園を利用したいと思う人が多いとは思うのですがそう思った理由は何でしょうか?

特に理由もなしに何となく「認可の方が良さそうだから」と思っていませんか?

名称からのイメージ、周囲の人からの意見に流されずにまずはお子さんと共に実際にそれぞれの園に足を運んで

じっくり調べてみることが大切だと思います。

お子さんの未来の為に、そして親御さんの負担を軽くする為に時間を割くのは無駄ではありませんからね!