春は新しい生活が始まる季節です。

親類や友人の子供も成長して入園や入学をされる方もいるのではないでしょうか?

お祝いを渡したいけれどどうしていいかわからない・・・

という人の疑問にお答えします。

幼稚園の入園祝い 手紙は必要?


入園祝いを遠方の人に贈る場合手紙はあった方がいいのでしょうか?

お祝いが現金の場合でも品物の場合でも気持ちがこもっているので喜ばれますが、遠方にいる人にはお祝いの気持ちを手紙にして一緒に添える といっそう喜んでもらえます。

最近はメールや電話ですぐに連絡が取れるので手紙を書くことが少ないかもしれませんが、たとえ電話やメールでお祝いの言葉を伝えても現金や物だけ贈られてくると少し失礼な感じがします。

贈った相手に不快な思いをさせないためにも手紙を同封した方がいいでしょう。

お祝いの品を贈ると帰って気を遣わせてしまうけど、お祝いの気持ちは伝えたい!という場合には品物はなくても手紙を書いて贈ると喜ばれます。

幼稚園入園祝い 手紙の書き方


最近は手紙を書く人も少なくなってきているので、どうやって書いていいのか悩みますね?

まずは宛名ですが幼稚園だとまだ小さいので親宛に出す方がいいでしょう。

小学校入学までは一般的には親宛に出します。

しかし、子供と仲が良い場合は本人当てに全部ひらがなで、本人が読めるような手紙 を一緒に添えてあげると良いでしょう。

手紙の基本的な構成としては
前文
時候の挨拶、相手の健康や安否を尋ねる言葉
主文
入園を祝う言葉、新生活に向けての言葉、 お祝いの金品について(さりげなくふれる程度で)
末文
結びの言葉、結語、最後にもう一度お祝いの言葉を入れても良い


上記の項目が入っていれば大丈夫です。

構成も大切ですが、おめでたい出来事を一緒に喜んでいるという気持ちで書くことが大切です。

書き方以外にも手紙を出すタイミングは大切です。

お祝いの手紙は、その知らせてを受けたらすぐに出すのが理想です。

入園祝いの場合はあらかじめわかっていることなので、2週間から3週間前から手紙を出し、当日までには必ず届くようにします。

幼稚園入園祝い 手紙の例文


ここからは手紙の例文をいくつかあげていきたいと思います。

前文の例文
拝啓 仲春のおり、皆様におきましてはお変わりなくお過ごしのことと存じます。

新緑の候、ご家族の皆様、お元気でお過ごしのこととお喜び申し上げます。    

桃のつぼみもふくらみ、早春の息吹を感じるこの頃、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。  
主文の例文
さて○○ちゃんも、この4月から幼稚園にご入園とのこと、おめでとうございます。ご家族の皆様もさぞお喜びかと存じます。

○○ちゃんにたくさんお友達が出来て、楽しく登園されることをお祈りしております。

つきましてはお祝いのしるしに○○を別送させていただきました。お役に立てれば幸いです

○○ちゃんのご入園おめでとうございます。早いものでもう幼稚園に入園ですね。ご家族の皆様もさぞお喜びのことでしょう。

少しですが別送で入園祝いを贈らせていただきますので喜んでいただければ幸いです。
末文の例文
まずは書中をもちましてご入園のお喜びを申し上げます。

○○ちゃんの園生活が楽しい物になりますよう、願いを込めてまずは右、お祝いまで。

これからの皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
最後に敬具・かしこを書いて、書いた日付を記入して終わりにします。

まとめ

  • 品物と一緒に手紙を添える
  • 品物はなくても手紙だけでもOK
  • 幼稚園の入園祝いは親宛に出す
  • 一緒に喜んでいる気持ちで書く
  • 手紙を出すタイミングは大切に

いかがでしたか?

手紙の構成がわかれば手紙を書くのは簡単です。

普段は電話やメールでお祝いの言葉を伝えるのもいいかもしれませんが、この機会に手紙でお祝いの気持ちを表してみませんか?

きっと贈られた方はあなたの心のこもった手紙をもらい喜んでくれるはずです。