お子さんの入学式を控えているご家庭では、その準備に大忙しだと思います。

お子さんの成長は、親御さんだけでなく、おじいちゃんやおばあちゃん、家族みんなにとって嬉しいものですよね。

入学準備は色々な物を揃えなくてはいけないものですが、準備するのはお子さんだけではありません。

入学式の時に、お子さんに恥を欠かせないため、親にも準備が必要です。

今回は、入学式における、お母さんの「アクセサリー」に重点を置いて調べてみました。

入学式に相応しい母親のアクセサリのマナーとは?


入学式は、あくまでもお子さんが主役です。

ですので、母親を含め、親族の方は「控えめな格好」が望ましいとされています。

しかし、控えめとはいえ、きちんとしたメイクやちょっとしたアクセサリーなどは必須と考えてください。

正式な場所で、ノーメークなどは失礼にあたります。

入学式時における、おすすめのアクセサリーは「パール」が適切かと思います。

パールは、本真珠でも淡水パール、どちらでも構いません。

大きさが色々とありますが、7~8mm玉ぐらいが一番使いやすいですし、品があるサイズだと思います。

色は、冠婚葬祭、両方使える「ホワイトパール」 が良いかと思いますが、淡い色のカラーパールでも、春らしい装いにピッタリ合いますので、そちらでも大丈夫です。

パールとなると、1連が良いのか?2連が良いのか?と悩む方もいらっしゃると思いますが、入学式の場合はどの連数でも構いません。

ただ、1連は喪の時に良く使われるものですので、その印象が強い・・という事であれば、2.3連の物を選ぶと良いでしょう。

入学式時・母親が付けるネックレスはパール以外の物はダメ?


では、入学式の時は、パール以外はダメなのでしょうか?

調べてみた所、パールが一番良いがダイヤでもOKという結果でした。

ただ、通常、ダイヤのようなキラキラしたアクセサリーは夜のパーティーなどに相応しく、昼間のイベントにはあまり適さない。

と言われていますので、ダイヤのアクセサリーを身に着ける時は、カラット数に注意をして頂きたいと思います。

大きなダイヤは、昼間つけてしまうと逆に品を損ねてしまう可能性があります。

ですので、胸元や耳元でキラッと何気なく輝く大きさの物を選んでください。

入学式は「母親の品」 というのがとても大事なポイントですので、是非、品を損なわない程度のアクセサリー選びをして頂ければと思います。

そう考えますと、やはりパールが冠婚葬祭、全てにおいて使える万能アクセサリーと言えますね。

質の良いパールアクサセリーを購入しておけば、長く使え、いずれお子様に渡す事もできますので、入学式を良い機会に投資してみるのも良いかもしれません。

実際、入学式で「お祖母ちゃんから受け継いだネックレス」をされた方にお会いした事がありますが、とても素敵な印象だったのを覚えています。

入学式における母親のピアスはどういう物が適切?


では、最後に「ピアス」について調べていきたいと思います。

昨今は、若いお母さんが多いので、ピアスの穴を沢山あけていらっしゃる方もいますよね。

ですが、入学式におけるピアスの数は、両耳・1か所ずつにしてください。

これもまた、「品」の問題です。

また、ピアスの素材ですが、こちらは

  • パール
  • ダイヤ
  • ジルコニア

がお勧めとなっています。

やはり、一番はパールです。

小ぶり物を何気なくつければ、それだけで品がある印象を与える事ができます。

ダイヤとジルコニアは、キラキラするアクセサリーですので、こちらも小ぶりの物をさらっと付けるようにしてください。

また、ネックレス・ピアス・ブレスレットとアクセサリーを付けるだけ付けるのではなく、ピアスを付けるのでしたらブレスレットは控える。

など、洋服とのバランスを考えて頂くと、より良いかと思います。

言うまでも無いかと思いますが、アクセサリーの素材は、統一するようにして下さい。

そうでないと、とてもバランス悪く見え、かっこ悪い印象を与えてしまいます。

まとめ

  • 主役は「子供」なので、控えめなアクセサリー選びを
  • 一番最適なのはパールだが、ダイヤでも代用可能。ダイヤは小さめのサイズがおすすめ
  • 素材は統一し、全部に付けるのではなく、洋服とのバランスを考えて

以上です。

如何でしたでしょうか。

今回は、入学式時における「アクセサリー」に重点を置いて調べてみました。

どんな物をつけていったら良いの?
何も付けない方が良いの?

と、意外と悩むアクセサリー選びですが、入学式での親の立場はあくまでも「サポート役」です。

品のあるアクセサリー選びが周りに好印象を与える事ができますので、是非このサイトを参考に、入学式に相応しいアクセサリー選びをされて下さい。