「鬼は外! 福は内!」と元気に掛け声をかけながら豆をまく節分は、子供にとって楽しみな行事のひとつですね。

昔からの習わしに従って豆まきをしているのですが、実は豆まきのやり方には決まりや意味があるのです。

ここでは、豆まきのやり方、鬼の意味、おかめの意味について説明します。

節分の豆まきには、何かきまりがあるのでしょうか。


豆をまくとき、「福は内! 鬼は外!」と声をかけるのはなぜ?

2月3日の節分は季節の変わり目です。

古くから季節の変わり目には、悪い病気や悪い事を運んでくる「鬼が出る」と言われています。

その鬼が家の中に入って来ないように「鬼は外!」と声をかけるのです。

「福は内!」と言うのは、福や運の良い事は家の中に招き入れましょう、という意味です。

※地域によっては、「福は内」「鬼も内」という場合や、「福は内」しか言わない場合があるそうです。

豆をまく時のきまりは?

  • 福豆(大豆を炒ったもの)を三方(神様にお供えする器)に入れて神棚にお供えしておく。
  • 鬼は真夜中にやって来るので、家族みんなが揃ってから、夜にまきます。
  • 豆をまくのは、家の中心の人(お父さんなど)
  • 豆をまく時は、「鬼は外!」と3回声をかけ、家の玄関や窓を開けて豆をまく。
  • 玄関や窓を閉めてから(鬼が戻らないように)「福は内!」と3回声をかけて部屋の中に豆をまく。
  • 家中に撒き散らした豆を全て拾い、最後に豆を食べる。

節分の鬼にはどんな意味があるのでしょうか。


鬼は本当にやってくるの?

角を生やして、こん棒を持った怖い顔をした「鬼」が本当にやって来るのではありません。

昔のおかあさんは、子供が悪い事をすると「鬼が来るよ。」と叱ったそうです。

本当に「鬼が来る」のではなくて、「目に見えない悪いこと」が起こることを「鬼が来る」と言ったのです。

昔から、鬼や魔物は、季節の変わり目に現れると言われていました。

新たな1年を迎える「節分」は、やって来る「鬼」を退治するのによいチャンスだと考えられました。

鬼はどうしてあのような姿なの? 

鬼の出入りする方角は、「北東」と言われています。

昔の言い方では、「北東」を「丑寅(うしとら)の方角」と言います。

そのため、鬼は「牛の角を持ち、虎のパンツを身につけた姿」として描かれるようになったのです。

節分のおかめは、どのような意味があるのでしょうか。


節分の豆まきには、「鬼は外!」「福は内!」と叫びながら豆をまきますね。

節分の豆まきの時には「鬼」のお面をかぶります。

「福は内!」の「福」のお面が「おかめ」です。丸顔で、鼻や額は広く、頬が張り出した顔をしています。

「おかめ」は「お多福」や「お福」と言われることもあり、昔から「福が多い」という顔と言われています。

このことから、「おかめ」は節分の「福は内」の時の「福」の代わりとして使われるようになりました。

まとめ

  • 鬼が家の中に入って来ないように「鬼は外!」と声をかける。「福」は家の中に招き入れましょうと「福は内!」と声をかける。
  • 「目に見えない悪いこと」が起こることを「鬼が来る」と言った。
  • 「おかめ」のお面が、節分の「福は内!」の「福」の代わりとして使われるようになった。

子供の頃に家族と一緒に豆まきをしたことを思い出しますね。

豆まきのやり方には、色々なきまり事があります。また、そこにこめられた願いや意味があるのです。

子供にも、しっかりと伝えたいですね。