子供にとって節分の楽しみは、鬼のお面をかぶって豆まきをすることや、年の数だけ豆を食べることですね。

そもそも、なぜ年の数だけ豆を食べるのでしょうか。

また、いつ頃から始まった風習なのでしょう。

ここでは、節分に豆をまく意味や由来、節分に食べる豆の数についてお伝えします。

節分には、なぜ豆をまくのでしょうか。


昔から、季節の変わり目には邪気が入ると考えられていました。

2月3日は、ちょうど季節の変わり目の日にあたります。

「鬼」という言葉は「陰(おん)」に由来しています。

この「陰」という言葉は、「目に見えない邪気」を指します。

このことから「鬼」を退治して邪気を祓うということに繋がったと言われています。

「鬼」が家の中に入ってしまうと病気や災いが起こると考えられ、「豆」をまいて鬼を退治することが風習となりました。

「豆」をまくのは、なぜ?

① 日本では、昔から「大豆」は貴重な作物でした。

「大豆」には精霊が宿り、邪気を追い払い、福を呼び込む力があると考えられていました。

豆をまくことで「病気」や「災い」を運んで来る「鬼」を追い払い、無病息災をお祈りしたのです。

② 「鞍馬山の鬼」退治

昔、京都の鞍馬山から鬼が出てきて都を荒らすので、「祈祷をし鬼の穴を封じて炒り豆で鬼の目をつぶして退治した」という伝説が伝わっています。

それ以来、豆を使って鬼退治をするようになったと言われています。

※魔の目(魔目→まめ)に豆をぶつけて、魔を滅す(魔滅→まめ)という語呂合わせもあります。

節分に豆まきをするようになった由来は?


古代中国では

鬼のお面をかぶった人が、「桃の木で作った弓矢」で悪い魔物を追い払い、無病息災を祈る儀式が行われていました。

平安時代の日本では

中国から節分のルーツとなる風習が伝わって来た頃、日本でも毎年大晦日の夜に「桃の弓」で魔物を追い払う「追儺(ついな)」という宮中行事が行われていました。

方相氏(ほうそうし)と呼ばれる鬼払い役の人と、(しんし)と呼ばれる20人ほどの人で「桃の弓」で魔物を追い払っていました。

江戸時代になると、「豆まき」が行われるようになった。

「桃の弓に」代わり、今の時代のように「豆」を使って鬼を追い払うようになりました。

寺社では「豆打ち」という行事がおこなわれるようになり、庶民の間でも「豆まき」という風習が広まり、楽しまれるようになりました。

節分に食べる豆の数は、年の数?


豆まきが終わったあと、自分の数え年の数だけ豆を食べますね。

これは来年一年を幸せに健康に過ごせますように、という願いがこめられているのです。

節分の豆は「福豆」と呼ばれますね。

「自分の数え年の数だけ豆を食べれば、同じ数の福が入る。」と考えられているのです。

ところで、「自分の数え年の数」というのには意味があるのです。

新しい1年の厄除けなので、「自分の年齢+1」の数を食べるという風習です。

※食べる豆の数は、「満年齢(現在の年齢)」なのか、「数え年(現在の年齢+1)」なのかは地域によって異なります。

自分の年の数だけ豆が食べられない場合はどうする?

福豆で「福茶」を作って飲むと、年の数だけ豆を食べたご利益があるそうです。

★福茶の作り方

  • 福豆3粒、塩昆布適量、梅干し1個を用意する。
  • 用意した材料を湯のみに入れて熱湯を注ぐ。
  • 材料がふやけたら梅干しを入れて出来上がり。

福豆とは?

大豆を炒って作ってあるもの。

大豆を炒るのには理由があり、まいた豆を全部回収できなかった場合に、拾い忘れた豆から芽が出ると、縁起が悪いとされていました。

それで、最初から芽の出る心配のない「炒った大豆」が使われたのです。

まとめ

  • 昔から、季節の変わり目には邪気が入ると考えられていた。
  • 「鬼」が家の中に入ってしまうと病気や災いが起こると考えられ、「豆」をまいて鬼を退治することが風習となった。
  • 平安時代には「桃の弓」で魔物を追い払う儀式が行われていた。
  • 江戸時代から「豆」を使って鬼を追い払うようになった。
  • 「自分の数え年の数だけ豆を食べれば、同じ数の福が入る。」と考えられている。

豆まきのあとの掃除も大切な意味があります。

邪気は暗いところに潜んでいると考えられています。

「豆まき」でまいた豆と一緒に、家の中の邪気も掃き出す、という意味があるのです。

しっかりと家の中の邪気を追い祓いましょう。