1歳のお子さんと言えば、

寝返りも楽々こなし、一人でのお座りをはじめなど生まれたばかりの頃を思えば出来ることが増え、

早い子ではつかまり立ち・歩き始める頃ですね。

そろそろ職場復帰を考えたり、子育てしながらでも働ける場所を探したいと思うお母さん!

働くためには、お子さんを預ける保育園への入園が欠かせません。

以前に比べ、0歳児保育を行う保育園も増えてきました。

しかしいざ入園が決まった時、何を購入し、どれくらいお金が必要かわからない!

そんな新米ママさんへ向けて、今回は準備すべき物とその相場をお教えします!

入園が決まった!保育園への入園準備~1歳児~


事前に準備しておくものは主に、

着替え(上着・下着)・おむつ・タオル・汚れもの入れ袋

歯ブラシ・お昼寝用のお布団など、日用品がメイン
です。

準備すべき物で最も大量に必要なのが

何よりも衣類です!

1歳児に限ったことではないですが、とにかく着替えが必要になります。

昼食やおやつ時の食べこぼしや遊んでいる間の汚れ、

トイレの失敗と服や下着が汚れる場面が想像以上に多いです。

通っている他のお子さんも同じだけ衣類を持ってきますので

間違え防止の為に全ての衣類に名前を書いておくことが必須になります。

また、物の準備以外にもお子さん自身の心の準備も必要でしょう。

生まれて初めての家族以外との集団生活です。

全く知らない人に囲まれるわけですから、混乱してしまうことも十分にあり得ることです。

それどころか慣れない環境や生活リズムにストレスを感じて

体調を崩したり精神的に不安定になることも考えられます。

そうなる前に出来る範囲で構わないので、

家での生活をなるべく園での流れと合わせていくことも入園前の準備の1つと言えるでしょう。

いざ入園!入園準備で買いそろえたい必要なもの


準備は入園説明会後に行うのが一般的です。

なるべく早めに買いそろえたいからと先に買ってしまえば

説明会で細々とした規定を知らされ、新たに買い直す手間が増えてしまうからですね。

そうなるとお金と時間の無駄!先走りは厳禁です。

それでは入園までに必要な日用品について詳しくご説明します。

まず衣類!

先ほどの項目でも述べたように、とにかく服が汚れます。

汚さず帰宅するまたは汚れ物入れが空の状態で

家に帰ってくる、なんてことは殆ど皆無と言っていいでしょう。

脱ぎ着しやすいシンプルなTシャツとズボン、

そして下着
は必ず準備してください。

それぞれ3着は最低でも必要になると思います。

着替え(衣類一式)

紙おむつ類(おしり拭きなどを含む)

汚れ物入れ

タオル、ハンドタオル

お昼寝用のお布団

コップ

以上のものは大抵どの保育園でも必要なものでしょう。

他にも園によっては取り外しが簡単なマジックテープ式のエプロン、ランチョンマット、

離乳食用のスプーンとフォーク、スタイを持参するようお願いされる場合があります。

お金ってどのくらいかかる?保育園の入園準備での費用


さて、入園準備において最も気になるのがその費用だと思います。

一体どれくらいの金額が必要なのか、簡単に計算してみましょう。

おそらく新たに買わなければいけないものは

お昼寝用の布団ではないでしょうか。

お昼寝用の布団及びカバーの金額はおよそ4000円~10000円

専用のバッグなどがついての値段になります。

お昼寝中のトイレの失敗などを考慮して

丸洗いできるタイプを選ぶと良いでしょう。

お布団を入れるバッグもそういったことに対応し、

撥水・防水加工が施されているものも多いです。

次に衣類ですが、こちらは園の説明会を受けた後に

手持ちの服を確認してから持たせるようにしましょう。

園によっては着脱し辛いという観点から

派手な飾りがついたものやフード付きのものは

持ってこないようにと言われる場合があります。

なるべくシンプルで、いざというとき着替えがしやすい服

選んで準備することが大切ですね。

何度も着替えるもの、そしてお子さんも成長することを踏まえても

安価なもので十分だと思います。

お昼寝布団と衣類を主に説明しましたが先ほどの項目で挙げた物を

全て揃える場合約10000円~30000円かかります。

園からバッグ等の指定があった場合はこの金額よりも

更に費用がかさむ場合があるので、注意が必要です。

まとめ

  • 準備は入園説明会後から始めよう
  • 衣類は多めに準備しておこう
  • 費用は30000円程度をみておこう

保育園入園は我が子の成長を感じられるイベントです。

その晴れやかな行事を保護者の方もお子さんも、気持ちよく迎えたいもの。

ここ数年、地域によっては保育園の入園も困難になっているとニュースでよく取り上げられています。

そんな中入園が決まったことは大変喜ばしいことです。

準備もそうですが、何事も焦って手をつけては空回りしてしまいます。

余裕を持って確実に、お子さんが楽しんで園での生活が出来るよう

入園の日に向けて準備をしていきましょう!