3月3日はひな祭りです。

昔から桃の節句と呼ばれ、女の子元気にすくすく育つようにと願うために行われてきた行事です。

小さい頃から親しんできた人も多い行事ですがどんな由来があるのかきちんとわかった上でわが子の成長を願ってあげたいと思いますよね?

そんな人のために詳しく説明していきます。

白酒と甘酒に違いはある?今更聞けない桃の節句の常識


桃の節句にかかせないのが甘酒です。

ひな祭りで唄う歌「うれしいひなまつり」の歌詞の中では「甘酒」 ではなく「白酒」 と歌われています。

では甘酒と白酒はどう違うのでしょうか?

甘酒は柔らかく炊いたご飯などに米こうじを混ぜて保温し、お米のデンプンを糖質化させたもので、アルコール度数は1%前後です。

甘酒はお酒ではない ので家で作ることも出来ます。

白酒は蒸したもち米に焼酎またはみりんを加え米こうじを入れて一ヶ月ほど熟成させた後臼でひいてすりつぶして作られます。

白酒は アルコール度数は10%前後 あり 完全にお酒です。 子供の頃に飲んだ甘酒を白酒と勘違いしている人も多いようです。

間違えて子供に白酒を飲ませないようにしましょう。

桃の節句に白酒を飲む意味とは?


桃の節句に白酒を飲むのは子供が事故や病気などの色々な災難に遭わず元気に育つようにという意味が込められています。

もとは桃の花を酒に漬けた桃花酒 桃花酒が飲まれていました。

桃は古くから気力や体力の充実させ、邪気を祓うとされており、桃花酒は薬の1つとして中国から伝わってきました。

桃は百歳を表す「百歳」に通じることから桃の節句には桃花酒を飲むという風習がありました。

桃花酒に変わって飲まれるようになったのが白酒で、桃花酒と同じ意味 で飲まれています。

桃の節句 白酒の由来とは?


白酒の起源・由来は神様に 御神酒を供える風習から来たといわれています。

白酒は「しろき」 と読まれ、特別な神田でとれた米で作られていたとされています。

伝説では大蛇が宿ってしまった女性が3月3日に白酒を飲めば、大蛇を流産させることが出来ると聞いて飲んだことが始まりであり、 その伝説から おなかに悪い子が宿らないように という願いを込めて白酒を飲むようになったそうです。

平安時代からあると言われているひな遊びが、現在のようなひな祭りになったのは江戸時代からで、 ひな祭りに白酒が飲まれるようになったのもこの頃からです。

この頃京都の酒屋さんが3月3日に白酒を売り出しそれが人気になって世に広まったという説もあります。

この酒屋さんの初代店主が夢におひな様が現れて美味しい白酒の造り方を伝授されて作ったそうです。

その話が評判になり徳川将軍にも飲まれるようになったそうです。

まとめ

  • 甘酒はお酒ではない
  • 白酒はお酒である
  • 甘酒も白酒も意味は同じ!

甘酒と白酒の違いはわかりましたか?

昔は白酒を飲んでいたようですが、子供にお酒を飲ませるわけにはいかない・・・ ということから甘酒を飲むようになったようです。

また甘酒の方が作るのに時間がかからないので自分の家で手軽に作れる甘酒が庶民の間で親しまれてきたようです。

お母さんは白酒で、娘さんには自家製の甘酒で桃の節句をお祝いしてみてはいかがですか?