女の子の成長を祝う行事である「ひな祭り」。

華やかなお祭りを彩る飾りつけや食事の代表は

雛人形、ひなあられ、甘酒(白酒)、

そして3色の菱餅ですよね!

ところで菱餅がどうして白・緑・赤の3色なのか

どういった経緯でひな祭りに食べられるようになったのか

ご存知でしょうか?

「飾らないといけないから」「昔からのしきたりだから」

と何となく飾っている方、必見です!

この記事を読めば周りに自慢出来てしまうかも? 今回は菱餅の由来と意味をじっくり解説いたします!

そもそも桃の節句に菱餅を飾る意味って何だろう?


三色で彩られた菱餅には色それぞれに意味がこめられています。

赤(ピンク)は、桃の花の色になぞらえてというのが一般的に言われていますが、

他にも厄払いや着色に使用されるクチナシの効果から解毒作用という意味もあります。

白は、純白、春の訪れによる残雪、白餅に加えられる菱の実の効果から清浄。

緑は、草木が芽吹く、萌える若草、長寿、草餅に使用される蓬から

健康という意味があります。

よく知られている菱餅の赤・白・緑の色の順番ですが、

これは「雪がとけ、緑が芽吹き、花が咲く」を意味しているのです。

また、地域によっては上から赤・緑・白の順番の菱餅もあります。

これは「雪の下から蓬が顔を出し、その蓬の上には桃の花が咲いている」ことを表すのです。

今のような菱形になったのは緑が芽吹く大地を表しているという説、

菱形で心臓を表し、白と緑の餅に使用されているクチナシや菱の実が

厄払いの意味があることから無病息災・健康成就を願ったという説などがあります。

桃の節句に菱餅を飾るようになった由来とは?


桃の節句(ひな祭り)に飾られ、食べるようになった菱餅は

元々宮中でお正月のおめでたい席で食されていた

「菱葩餅」というものでした。

由来にも諸説あり、上記はその内の一つです。

他にも母子草で作られた草餅が時代と共に蓬餅となり、

その後菱餅入りの白い餅と重ねて作られたとの説があります。

菱餅ははじめ、緑と白の二色であったと言われています。

庶民の間に広まったのが江戸時代になってから。

桃の節句の成り立ちが平安時代なので、菱餅が浸透したのは

行事そのものに比べて比較的現代に近づいてからになります。

また、現在のような赤・白・緑の三色になったのは

それから更に後の明治時代に入ってからです。

広まった当初から見慣れたあの三色ではなかったんですね!

赤・白・緑の三色は日本全国で統一された色というわけではなく

現在も地域によっては赤・緑・白と色の順番が異なったり

起源となった菱葩餅同様に二色であったり、

五色や七色の色とりどりの菱餅もあるので、

地域ごとにどのような特色があるのか比べてみるのも

面白いかもしれません。

桃の節句に飾った菱餅の美味しい食べ方!


先の項目で菱餅がどのようなものか説明いたしました。

ですが菱餅は食べ物であり、桃の節句の縁起の良い行事食。

食べなくてはいけないのですが、縁起物に包丁を入れて

切り分けてしまってもいいのかな?と

不安になる方もいるのではないでしょうか。

でもご安心ください!

菱餅は「角を取って円満に」という意味があるので大丈夫です。

魔除けの意味を持つ菱餅の角を尖りをちぎりながら

食べるのが正しい食べ方と言われています。

そうすることによって角を立てずに円満に

生きることが出来ると言われていました。

3月3日まで雛人形と共に飾った後に食べましょう。

切り分けた後オーブントースター等で焼いて美味しくいただけます。

焼いてからぜんざいに入れて食べるのもいいですね!

少し固くなってしまったら、細かく切ってから

油で揚げてかき餅にするのもおすすめです。

醤油や塩で味付けをすればお子様も沢山食べられる

おやつに早変わりします!

お雑煮やおうどんに入れて煮込んで食べるのも美味しいですよ。

まとめ

  • 菱餅の色の意味は「雪がとけ、緑が芽吹き、花が咲く」
  • 菱餅の色が三色になったのは明治時代になってから
  • 飾ったあとは美味しく食べられる

今回は菱餅の由来や意味についてご説明しました。

雛人形のそばに飾ってある菱餅の色や形には

魔除けや健康成就などの意味がこめられています。

ただ飾るだけ、雛人形のそばに置いておけばいいと

思っているのは実に寂しいことだと思います。

お子さんにもし菱餅に尋ねられた時。

「昔からのしきたりだ」とだけ答えるよりも

胸を張って説明出来る方がお子さんも納得されると思います。

そしてお子さんが親になった時、

今度はお子さんが次の代へと伝えることが出来れば

この素晴らしい文化の継承ということにも繋がるのです。