七草粥は、1月7日に食べるものとしてご家庭でも食事に出す家が多いのではないでしょうか?

スーパーで七草粥セットを売っている見て、そろそろ時期だなぁと感じながらも、親として子どもに説明できるようにしたいところです。

子どもの好奇心を引き出すのに答えてあげたいですよね。

パパやママが知識として知ってると、日本の伝統的な風習、文化を教えるいい機会なのでぜひ教えてあげましょう。

七草粥を子供に説明する為に知っておきたいポイント


七草粥を食べる時期っていつなのでしょうか?

正月を過ぎて、学校や幼稚園が始まる頃に七草粥を食べる時期です。

1月7日の「人日の節句」です。

この人日の節句とは、年中行事、5節句のひとつであり、女の子には桃の節句としての日のひな祭り、男の子には端午の節句としての日の子どもの日など馴染みのある日の一つとして人日の節句があります。

5節句とは、この1月7日の「人日の節句」、3月3日「上巳の節句」、5月5日「端午の節句」、7月7日「七夕の節句」、9月9日「重陽の節句」の5節句のことをいいます。

この節句の日に食べることで、それまでは貴族だけが知っているものだったのが、広く庶民にも広がった風習となりました。

お正月にお餅やおせち料理の食べ過ぎでおかゆを食べるのがちょうど良い感覚もあります。

七草粥を食べると1年間、家族や自分が元気に過ごせることやお腹の調子を整えてくれる魔法のようなごはんということを教えてあげると、あまり好きでない子どもにも伝わるかもしれません。

七草粥の由来はなんでしょう


七草粥は、もちろんおかゆに七草入っているから。というのが七草粥の由来なのは間違いないです。

ではどこから始まったのか?

始まったのは日本ではなく、中国から始まりました。

中国では正月が始まったら、一日ごとに鶏、犬、いのしし、羊、馬、と順番に占っていき、1月7日に人を占っていました。

そのことから「人日の節句」といいます。

その時に、七種類の野菜を入れた汁物を飲み、無病息災を願っていました。

これが日本に伝わり、日本では冬の間の寒さに耐えて、雪の間から目を出した若草を摘む、若草摘みという風習がありました。

このふたつが交わって七草粥を食べるという習慣になりました。

七草はセリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロです。

この七草を覚えておくのも大変です。

子どもたちは学校や幼稚園で聞いてきたら覚えてしまうようですが、私たちも覚えておきたいです。

短歌のリズムで覚えていました。

セリ ・ナズナ

ゴギョウ ・ハコベラ

ホトケノザ

スズナ ・スズシロ

春の七草

と、このように5・7・5・7・7のリズムに合わせて覚えておくと記憶しやすいです。

七草粥を食べる理由とは何でしょか?


七草粥を食べることで無病息災を願う意味が込められています。

この七草には邪気を祓ってくれることが、それぞれに意味があります。

七草自体も薬草として使われていたこともあり、万病に効果ありとされています。

セリは、「競り勝つ」、解熱効果、胃や腸を整える作用、利尿作用、食欲増進、血圧降下作用の効果があります。

ナズナは、「撫でて汚れを除く」、一般的にはぺんぺん草として有名です。利尿作用、解熱、止血効果や胃腸障害、むくみにも効果があります。

ゴギョウは、「仏体」のど、せきに効果があります。

ハコベラは、「繁栄がはびこる」腹痛や胃炎にも効果があります。

ホトケノザは、「仏の安座」胃を健康にし、食欲増進の働きがあります。

スズナは、「神を呼ぶ鈴」カブのことです。胃腸を整え、消化を助けます。

スズシロは、「汚れのない潔白」大根のことです。風邪予防や美肌効果があります。


七草の意味は、無病息災、長寿健康を願うためのからだにいいものがたくさん含まれています。

まとめ

  • 七草粥は1月7日の行事食
  • 七草粥を食べて一年の無病息災を願う
  • 七草それぞれに薬草と健康を願う意味が込められている

七草粥の意味としては、子どもに教えるときには、難しくすべて教えるというより、意味を理解したうえで、分かり易いように教えてあげるのがよいでしょう。

一年間、お腹いたくならないで、元気に過ごせるようにしようね。と言えるようになりたいですね。

もしお子様がおかゆの味があまり好きでなかったら、少しお肉を入れてアレンジして食べやすいようにしてあげても良いですね。

あまり濃い味にするよりは、素朴な味で体をいたわってあげたいですね。