新年が始まって1週間経った頃、昨年から続いた忘年会に新年会と会合が多かった年末年始が落ち着いてきたこのころに身体をいたわる食事としてもちょうど良い七草粥。

人日の節句に七草粥を食べる風習として現在まで続いています。

時期になるとスーパーでも七草粥セットとして売り出して手軽に買えるようになっています。

無病息災、長寿健康を願う食事として古くからのしきたりってあるのでしょうか。

また七草粥を食べる日や時間は決まっているのでしょうか?

七草粥を食べる日は、「人日の節句」


七草粥を食べる日は「人日の節句」の1月7日です。

つまり、端午の節句(5月5日)や七夕の節句(7月7日)のように日にちは決まっています。

曜日に関係なく毎年同じ日に節句は行われています。

この節句、季節の節句として、5節句として風習があります。

1月7日「人日の節句」

3月3日「上巳の節句」

5月5日「端午の節句」

7月7日「七夕の節句」

9月9日「重陽の節句」

古代中国から伝わったこの風習、この人日の節句とは、正月の1日からはじまり1日を鶏、2日を犬、3日をいのしし、4日を羊、5日を牛、6日を馬、7日を人として、それぞれの日に占いをしまて運勢をみました。

7日に人を占うので人日としています。

それぞれの日にはその動物の殺生を行いません、つまり1月7日には処刑もありません。

7日に七種菜羹(しちしゅさいこう)、七種類の若菜を入れた汁物を食べ、無病息災を願う行事があり、日本に伝わりました。

日本の伝統行事になり、江戸時代に広く庶民にも定着していきました。

七草粥を食べる時間に決まりはある?


七草粥を食べる時間、タイミングはいつでしょうか。

本来、七草粥は1月7日の朝に食べるのが良いとされています。

七草粥の習慣が伝来した、中国では出世を決める官吏昇進を1月7日に決めていました。

その日の朝に七種菜羹を食べて、立身出世を願ったともいわれており、その風習が朝に食べる習慣にもなったという説があります。

七草粥の作り方も朝に食べる訳があります。

1月6日の夜に、神棚の前で七草をまな板の上にのせて包丁でたたいた後、お供えをします。

7日の朝にお供えした七草を下げておかゆに入れて食べます。

七草をたたく際に「七草ばやし」という歌を歌っていました。

”七草なずな 唐土の鳥が 日本の土地に 渡らぬ先に ストトントントン ストトントントン”

地方によっても歌詞に違いはあるのもの、中国の唐が歌詞に入っていることから、中国からの伝来という諸説もうなづけます。

このように七草粥を作る為に前日から神棚にお供えしたり、仕込みをして、当日の朝に食する時間となっています。

七草粥を夜に食べるのはNG?


七草粥は絶対、朝に食べなければいけないのでしょうか?

生活スタイルや習慣が変わってきた現代では、必ずしも朝食べなければと固執しなくても良いと思います。

朝食は食べないという人もいます。

朝は忙しくて家族を顔を合わせて食べる時間も無いということで、夜に家族団らんに食べるという人もいます。

その人、家族のスタイルで行うのが良いです。

ある家族では、7日にはスーパーの七草セットが売り切れてしまうので、発売されたらすぐに買い、鮮度が良いうちに食べてしまう家庭もあるそうです。

全く何もしないよりは、1月7日に無病息災を願う一日になるだけで、古来からの風習としての実感する良い機会になることでしょう。

古来からの風習より、七草粥を食べることで正月に食べ過ぎになった胃腸をいたわる意味でもおかゆでさっぱりとした食事をする、味の薄いお食事で健康的なものを食べることでゆったりとした時間を過ごしたいですね。

まとめ

  • 七草粥を食べる日は1月7日
  • 朝食として食べるのが習わし
  • 七草粥を食べて無病息災を願う

古来から伝わる七草粥、松の内の終わりの1月7日に食べることで一年の無病息災、健康長寿を願う風習としてあります。

しかし決まりきった決めごとのように固執するのではなく、現代にあったスタイルを取り入れていくことで、胃にやさしく気持ちも穏やかに風習を取り入れたいですね。

七草がきっちり揃っていなくても、ご自宅にある葵お野菜等をゆでておかゆに入れて代用したり、味が薄くて気になる場合は、すこし味付けをプラスするのもいいですね。