1月7日に七草粥を食することで、一年間、無病息災に過ごせるという思いを込められています。

七草粥が食べられるようになったのはなぜでしょうか?

年始の行事ごととして、スーパーなどで売っているからとりあえず食べているという人も多いのでは。

古くからの伝統行事は、古来からの人が無事にすごすための意味を込められています。

由来と意味はどういったことあるか、ご紹介します。

七草粥とは、なんのこと?


七草粥とは何でしょうか?

正月を過ぎて、会社や仕事、学校が始まり始めた時になんとなく七草粥のセットがスーパーなどで売り始めてるから、とりあえず、土用の丑みたいなものかと思って買っていました。

本来の七草粥を食べる理由より、正月に食べ過ぎた胃を休めるためにお腹に優しい食事をするのが良いっていう理由を良く耳にします。

しかし本来の七草粥とはどんなものでしょうか。

七草粥の始まりは、中国から。

古来中国では1月7日は「人日の節句」という行事の一日です。

この人日とは、字の通り人の日です。

これは、1月1日を鶏、犬、いのしし、羊、牛、馬、人と一日ずつ順番に占い、7日目が人を占う日なので、七種菜羹(ななしゅさいかん)を食べて無病息災を祈願する風習がありました。

日本には奈良時代に伝わったとされています。

日本に伝わると、1月15日に米、あわ、ひえなどの7種類の穀物でおかゆを作る「七種がゆ」の習慣と一緒になり、春の七草を入れて、「七草粥」と変化してきたといわれています。

七草粥の歴史


中国から日本に伝わった人日の節句の時に食べる食事として伝わったものが変化して、七草粥になりました。

はじめのころは、貴族たちの儀式としていたので、庶民的にはあまり知られていませんでした。

庶民に広がったのは、江戸時代に五節句のひとつになり、庶民にも行事として知れ渡るようになりました。

五節句とは

1月7日「人日の節句」

3月3日「上巳の節句」

5月5日「端午の節句」

7月7日「七夕の節句」

9月9日「重陽の節句」


それぞれに植物を示した別名があり、七草の節句、桃の節句、菖蒲の節句、笹の節句、菊の節句と、いわれています。

その季節ごとに大切な日として重要視されて今日まで続いています。

五節句として人日の節句には七草粥を食べる習慣になりました。

庶民い広がっていくことでさらに無病息災や豊作を祈願する気持ちが強くなってきました。

また、1月7日は松の内の最終日にあたる地方が多く、ちょうど正月の最後ということで胃腸に優しい食事ということで健康食として愛用されています。

七草粥を食べる理由


七草粥を食べる理由として、長い冬を耐えて雪の中から育った春の若草を食べることで、栄養や生命力を体内に取り入れ、無病息災、元気な体になると信じていました。

七草粥の中身、春の七草は、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、セリ、ナズナ、スズナ、スズシロです。

それぞれに体や腸の調子を整える働き、ビタミンAや食物繊維を含み、かぜ予防や消化を助ける食事としての役割もありました。

七草粥を食べることで、身体にとても良い成分が沢山含まれています。

せりには、勝負に競り勝つという意味、ハコベラには、繁栄がはびこるといった意味、すずなには、鈴菜と書いたことから、神を呼ぶ鈴の意味として、すずしろは、潔白を表しています。

そして、正月に食べすぎたり、飲みすぎたりすることが多かった体調を元に戻す、胃腸にやさしい食べ物ということです。

胃腸をやさしくいたわることで長寿健康も願っています。

まとめ

  • 1月7日は「人日の節句」
  • 五節句のひとつになり一般的に広がった
  • 七草粥を食べるのは、「無病息災」「長寿健康」の願い

日本の伝統的な風習としてある、七草粥、普段ではあまり食べないような薄味で体にやさしい食事として扱われています。

風邪ひいたときくらいしかおかゆを食べる機会が無いので、伝統行事に触れながら歴史を感じることが出来ます。

スーパーで簡単に手に入るものなので、気軽に家庭でも楽しめるよになっています。

伝統的な行事を通して自分や家族の健康を願う日にしたいですね。