正月行事に欠かせないもの、それは正月飾りに「しめ縄」です。

このしめ縄や正月飾りは毎年行うものなので、取っておいて毎年同じものを使っても良いのでは?と思います。

それとも毎年新しくする方が良いのでしょうか。

縁起物として扱うしめ縄、各地方によっても扱い方が違います。

特に伊勢神宮のある地方では、一年中飾りつけを行います。

しかし、一般的にはどのような扱い方するのでしょう。

正月ものとして、しめ縄の正しい扱い方法をご紹介します。

しめ縄を使い回ししても良いの?


しめ縄の意味としては、新年を迎えるにあたり、山々から降りてくる年神様を家に迎え入れるために、この家は神聖な場所ということを示す、境界線としての役割があります。

縁起物なのでしめ縄も毎年新しく用意する方が良いです。

しかも、しめ縄はワラを使っているので、ボロボロと壊れてしまったり、飾りつけの色味があせてしまうこともあります。

基本的には新しくするものなのですが、最近はデザインも可愛いものがあったりと、素敵なものが多いいです。

そこで、気に入ったものがある場合や今回は高価だったので、もったいないから翌年も使たいと思う気持ちがあるのは当然です。

処分方法も面倒で、自分の住んでいる地域ではどんと焼きなどのお焚き上げしてくれる場所もないし、かといってゴミにして捨てるのも嫌だなと考えている人もいます。

翌年も絶対に使ってはいけないということではありません。

しめ縄を使い回す場合、翌年まで保存状態を良くすることで翌年にも使えるようにしておきたいですね。

しめ縄を毎年飾る意味は何だろう


新年になると飾りつけをするのが風習となっているこのしめ縄、なぜ飾るのでしょうか?

しめ縄の起源は日本神話にあります。

天照大神(あまてらすおおみかみ)が天の岩屋へと隠れてしまいます。

太陽の神である天照大神がその姿を隠れると世界はから光がなくなり、真っ暗な暗黒の世界になってしまいました。

これに困った八百万の神様たちが岩戸の前で酒を交わし、踊り出し騒ぎに何事かと思った天照大神が、岩戸からそっと身を乗り出します。

その瞬間に一斉に神様たちは岩戸を閉め、再び天照大神が岩屋に逃げ込まないようにと、しめ縄で岩戸を縛ってしまったという話が起源という一説があります

そして、世界に光が取り戻したとあります。

日本は古来より農耕民族でした、新年に一年の祈願としてしめ縄を飾る意味があります。

しめ縄には俗世と神聖な場所との境界線の意味があります。

新年の初めに年神様が山々から降りてくるのを迎え入れるために、この場所は、神聖な場所ということを表しているのです。

では実際にしめ縄は毎年変えない場合はどうしたらよいの?


しめ縄や正月飾りが汚れや傷もなく、綺麗だからまだ使えそうだなって時には、キチンと保管して使いたいですね。

翌年に出してみたらボロボロで、、。なんてことになっては使えません。

一年間ちゃんと保管できるようにしましょう。

しめ縄が布製品でしたら、特に問題ありません。

しかし、しめ縄はワラで出来ているので湿気に弱く、劣化してしまうので、保管状態が良くないとドンドン劣化してしまうので、注意しましょう。

しめ縄から橙などの飾りつけを取り外し、しめ縄を布などで、キレイにホコリを落とします。

そのまま湿気の少ない日陰で風通しの良い場所へ置いて保管しましょう。

ホコリをかぶらないように布などをかぶせておくようにしましょう。

乾燥材や防虫剤などで、防カビ対策、防虫対策をおこないます。

特に夏場には湿気でカビやすいので、乾燥させておくようにしましょう。

保管状態が良い場合は何年か使えるようになります。

飾りつけの橙は、生ものなので腐ってしまいます。毎年変えるようにしましょう。

まとめ

  • しめ縄は毎年使い回しても良い
  • 保存には防虫防カビに気を配る
  • 縁起物は毎年変えるもの

正月行事として、毎年の伝統的な風習としての新年を迎えるにあたり、新しく準備しても、毎年使い回すにしても、

新しいスタートとして気持ちよく出来るようにしましょう。

また敬意をもってどんと焼きを行い祈願をしたり、丁寧に保管することで、来年につなげるようにします。

おごそかな気持ちで、縁起を担いで、古き良き伝統行事を楽しむのが日本人の心として大切にしていきたいことです。