11月に入ると、デパートやスーパーなどで、正月飾りのしめ縄が販売されて始めています。

クリスマス行事があるのに、もう年始のことか…、と、早いなと思いながらも、正月飾りを買わなきゃと思い出させてくれるものです。

しかし、このしめ縄はいつごろから飾るのが良いのでしょうか?

そして、正しい設置場所があるのでしょうか?

設置場所も含めて、どのような時期に設置するのが良いのか、ご紹介します。

しめ縄の飾り方にルールはある?


正月飾りでは、門松まで飾らなくても、しめ縄やしめ飾りは設置するご家庭は多いのではないでしょうか?

このしめ縄の起源といえば、日本神話に出てくる天照大神(あまてらすおおみかみ)が怒って天の岩戸に隠れてしまわないように、岩屋にしめ縄をしたのが期限です。

このため、神聖な場所と現世を隔てる境界線の意味があります。

そして、お正月は年神様をお迎えするための行事です。

新年を向かえるにあたって、高い山々から神々が降りてくる場所として、ふさわしいことを表しています。

日本人は農耕民族だったために、五穀豊穣をもたらしてくれる年神様は、一年の豊作を願うためにとても大切な神様でした、

年神様を迎えるために、しめ縄を張り、神様の領域と現世を隔てる境界線を作り、邪気が入らないよう結界として、旧年の不浄を絶ち家を祓い清めました。

現代では、飾りつけを祈祷をおこなってからということはしませんが、ふさわしい場所に飾りたいですね。

しめ縄の設置場所は神聖な場所との境界線に飾る


神社のお社や鳥居にもしめ縄が張ってあります。

しめ縄で囲まれた区域は、神が占有する場所、「神域」です。

ここを境にして、ここは神域をという印をつくり、不浄なものの侵入を防ぐためにあります。

しめ縄の設置場所は、「神様を占める場所」として本来であれば神様が存在する場所にすべてに飾る必要があるそうです。

まず家庭での設置場所は、神棚があれば神棚には必ず飾ります。

神棚の次は、です。

家に入ってこようとする災いを防ぐ最初の場所、現世との境界線である門にしめ縄を飾ります。

マンションなどの門が無い場合でも、玄関の扉に飾りつけをすることで、神様を迎え入れるために設置します。

また台所や水回り、裏口にも魔除けの意味でしめ縄を飾っておくのも良いです。

神聖な場所ということで、自分が大切と思っている場所に飾り、一年の活躍を祈るのもおすすめです。

車にもしめ縄を飾っていましたが、最近では少なくなっています。

車にしめ縄を飾る人が減ってきた理由としては、車の形状の変化や走行中に外れてしまうので、縁起が悪いとされることです。

しめ縄を飾るのは、何日から何日までが良い?


クリスマスが終わってから正月の飾りつけをする家庭が多いです。

しかし、本来は12月13日のすす払いが終わり、年神様をお迎えするのにふさわしい場所にして飾りました。

このため、正月準備を始める日として、12月13日を正月はじめとも言います。

現在は、大掃除が終わってから年神様を迎える準備をしてから飾ります。

25日以降に飾る家庭が一般的ですが、遅くならないよう28日までにクリスマスが過ぎた飾りつけを終えているのが良いです。

29日は、二重苦、苦として縁起が悪いです。

31日も一夜飾りになるので避けましょう。 正月を迎えて、松の内を過ぎたら外します。

一般的に1月7日、もしくは地域によっては15日に外します。 外したものの処分に困りますが、処分は15日にどんと焼きを地域で行っています。

そこで正月行事に区切りをつけるのが良いです。

もし忙しくてどんと焼きに行けない場合には神社でも納めることが出来ます。

生活ごみとして、燃えるごみとして出すことも可能ですが、縁起物ですのでなるべく神社等で処理することをオススメします。

まとめ

  • しめ縄は神聖な場所との境界線に設置する
  • 設置する場所は神棚、門、玄関
  • 神聖な場所は、どこにで設置可能
  • 設置期間は12月13日から1月15日まで

神聖な場所としての境界線に張るしめ縄、俗世との境界線に張り邪気が入ってこないようにします。

しめ縄を活用すると新年を迎えるにあたり気が引き締まるものです。

しめ縄で古い不浄を祓い、気持ちよく新年を迎えたいですね。

設置期間もあまり早すぎると、クリスマスに水を差してしまうこともあるので、良いタイミングで設置し、外し忘れてルーズに新年のスタートすることが無いようにしましょう。