正月飾りとして、一般的なものの一つにしめ縄があります。

このしめ縄は、どのようにして飾るのが良いのでしょうか?

またしめ縄の起源や意味についても調査したいと思います。

しめ縄を調べてみました。

まず辞書によると ”神聖な場所とその外との境界を示し、けがれのはいるのを防ぐために神前などにかけ渡す縄”と記載されています。

たしかに、神社の社、家の玄関や車など、外との境界線に飾っています。

詳しく起源をみていきましょう。

しめ縄とは神聖な場所との境界に張るもの


しめ縄を飾るうえで前提となるもの、それはお正月です。

年神様をお迎えするための行事お正月はであります。

新年を迎えるにあたり、神聖な神様を迎えるための飾りつけを行います。

高い山々から降りてくる神々を家が神聖な場所として、この家がふさわしい場所ということを示すものです。

しめ縄が神様の領域と現世を隔てる境界線とし、結界として、その中に邪気が入らないようにする役割を果たします。

しめ縄と一緒に、しめ飾りというものがあります。

しめ飾りにはしめ縄に縁起物を飾りつけし、代々の繁栄を祈願しました。

しめ飾りにも飾りつけそれぞれに意味が込められています。

・橙は「代々栄えるように」

・裏白(うらじろ)は「裏表のない清心で一年を過ごせるよう」

・ゆずり葉は「家計を譲る為、子孫繁栄を願う」

・紙垂(しで)は「神々の降臨」


しめ飾りを簡略化したものに輪飾りというのもあります。

細いしめ縄を輪にして飾りつけされた小型のしめ縄の事です。

家の中、キッチン、トイレなど、水回りや部屋の中でも小さいので生活に支障なく飾れるものです。

しめ縄の起源・意味は?


しめ縄の起源として多くの説があると言われています。

日本神話の話が元となっています。

ある日、天照大神(あまてらすおおみかみ)は、弟である須佐之雄命(すさのおのみこと)が悪さをする事に怒り、天の岩屋へと隠れてしまいます。

太陽の神である天照大神がその姿を隠れると世界はから光がなくなり、真っ暗な暗黒の世界になってしまいました。

これに困った八百万の神様たちが岩戸の前で酒を交わし、踊り出すことで天照大神が何事かと思い、岩から出てくると計画しました。

その騒ぎに何事かと思った天照大神が、岩戸からそっと身を乗り出します。

その瞬間に一斉に神様たちは岩戸を閉め、再び天照大神が岩屋に逃げ込まないようにと、しめ縄で岩戸を縛ってしまったという話が起源という一説があります

そのため、神様を占める場所という意味でも使われています。

由来を考えるうえで日本神話との繋がりは深いものです。

しめ縄の種類は?


しめ縄としめ飾りには正月飾りには欠かせないのですが、地域や場所によってさまざまな意味合いや役割があります。

これまで紹介したなかにしめ縄、しめ飾りの種類があります。

このしめ縄にも何種類かあります。

一般的なものを紹介します。

・ごぼう注連

ごぼうのような形をしたしめ縄で、神棚に飾るときに紙垂をつけます。

普段は、正面から見て太い方が右に向くように飾ります。

これは、古来より左を神聖、右を俗(日常)との考えからきています。

お正月は特別な日なので、「左綯い」(ひだりない)と言われるように、左にねじってあり、太い方が左に向くように飾ります。

・ごぼう注連+前垂れ

ごぼう注連に、前垂れ(わらの垂)をつけ、裏白、紙垂、譲り葉、橙などを加えたしめ飾りです。

玄関先に飾ること多く、西日本でよく見られます。

一般的には、ごぼう注連の太いほうが向かって右側になりますが、伊勢神宮の三重県伊勢地方では逆向きになり、1年中飾ってあります。

まとめ

  • しめ縄は正月飾り
  • その起源は日本神話から
  • 歳神様を迎え入れるもの
  • 神聖な場所と俗世との境界線
  • 地域によってさまざまな飾りつけが存在する

しめ縄の起源や意味については、地域によってさまざまなしきたりがあります。

ここでは一般的な起源について記事にしました。

その地域の違いやしきたりを詳しく知ることによって、地域の理解や歴史について理解していくのも楽しいです。

親戚や地域のコミュニケーションのひとつとして活用してください。