3月3日のひな祭りには、お雛様を飾るとともに、御馳走をたくさん用意してお祝いしますね。

ちらし寿司、蛤のお吸い物、ひなあられやひし餅、白酒など彩り美しく並べられます。

さて、ひな祭りで食べられるものには、それぞれ意味があることをご存知でしょうか。

ここでは、ひな祭りに蛤のお吸い物が食べられるようになった由来や意味についてお伝えします。

ひな祭りに食べる蛤のお吸い物は、願いがこめられた縁起物


ひな祭りは『桃の節句』とも言われ、五節句のうちの一つです。

五節句とは?

人日(1月7日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)を五節句と言います。

五つの「節」を意味し、季節の変わり目のことです。

季節の変わり目は邪気が入ると考えられており、その邪気を避けるために行事が行われます。

季節の旬の植物から生命力をもらい、邪気を祓う目的があります。

五節句には縁起物を食べる

「節句」は、季節の重要な節目なので、その時期に採れる「旬のもの」「初もの」が食べられて来ました。

「旬のもの」「初もの」といった食材は、邪気を祓い健康で長生きできるという縁起物と考えられていました。

ひな祭りには伝統的なお祝い料理があり、蛤のお吸い物やちらし寿司、などには春の旬の食材が使われています。

蛤のお吸い物は、お祝いの席に欠かせない食べ物

ひな祭りのほかには、お食い初めや結婚式などのお祝いの席にも、蛤などの縁起を担いだ食材を使った料理が振る舞われます。

※3月3日は昔、大潮の日で貝が非常によく捕れ、貝類が最も美味しい時期でした。このような事も手伝って、ひな祭りに蛤を食べる習慣が広まったとも言われています。

ひな祭りに蛤のお吸い物を食べるのには、どんな意味があるのでしょうか。


蛤の殻は二枚貝ですが、ほかの二枚貝と比べ、対の貝殻がぴったりと合わさり、同じ貝殻同士でないとぴったりと合わないと言います。

このことから、蛤は相性の合う人に巡り会い良縁に恵まれ夫婦円満に繋がると考えられました。

このような縁起を担ぐ意味をこめて、ひな祭りでは蛤のお吸い物を食べる習慣になったと言われています。

また、蛤は「仲の良い夫婦」「一生ひとりの人と添い遂げる」ことを表しており、結婚式でも蛤のお吸い物が振る舞われています。

お食い初めでも蛤のお吸い物でお祝いしますが、「将来、良縁に恵まれますように」という願いがこめられています。

また昔から二枚貝は「女の子」を意味すると言われており、そのことからも二枚貝である蛤のお吸い物が、女の子の「桃の節句」に食べられるようになったとも言われています。

ひな祭りに蛤のお吸い物を食べるのには、どんな由来があるのでしょうか。


平安時代には、遊びとして使われていた

平安時代には、貴族の間で「貝合わせ」という遊びが行われていました。

貝の色合いや形の美しさを見せ合う、競うという遊びでした。

江戸時代になってから、貝殻の内側に絵柄を描いて、それを神経衰弱のように合わせるという『貝覆い』という遊びに進化しました。

武家社会になってからは、勝利の神様として食べられた

その当時は、験担ぎが重要視されており、勝利をもたらし出世を手伝ってくれると信じられたことで、蛤が食べられたと言います。

江戸時代の頃に、現代のような形に変化した

蛤は、「嫁入り道具」として使われていました。

「貝桶」と呼ばる入れ物の中に1年分(360個)の蛤を入れ、一年を通しての「夫婦和合」を祈ったと言われています。

この習わしから、ひな祭りに蛤を食べる習慣が出来たと考えられています。

このように、ひな祭りに女の子に蛤のお吸い物を食べさせることで良縁に恵まれ、幸せな家庭が築けますようにという願いがこめられているのです。

まとめ

  • 季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓う目的がある。
  • 「旬のもの」「初もの」といった食材は、邪気を祓い健康で長生きできるという縁起物と考えられた。
  • 蛤は相性の合う人に巡り会い良縁に恵まれ、夫婦円満に繋がると考えられている。

ひな祭りに頂くちらし寿司、ひなあられ、ひし餅、白酒と同じように「蛤のお吸い物」にも、女の子の幸せと健やかな成長を祈る気持ちがこめられているのです。

その意味や由来を知ることで、お料理も味わい深く感じられるかも知れませんね。