3月3日のひな祭りは、女の子が楽しみにしている年に一度のお祝いの日ですね。

お雛様を飾るのを楽しみにしていることでしょう。

では、お雛様はいつ頃から飾るのが良いのでしょうか。飾るのに適した日、というのがあるのでしょうか。

「お雛様をいつまでも片づけないとお嫁に行き遅れる。」という話を耳にしたことがある人も多いと思います。

お雛様はいつ頃までに片づけるのが良いのでしょうか。

今回は、お雛様を飾る期間についてお伝えします。

ひな祭りに飾るお雛様は、どんな意味がこめられているのでしょうか。


ひな祭りの起源は、古代中国の「上巳の節句」と言われています。

3月3日頃の季節の変わり目には、邪気が入りこむと考えられていました。

「人の身体に入りこむ邪気や災厄を人形に移して川に流す。」という風習がありました。

この思想が日本に伝わって、「流し雛」という風習が始まりました。

紙で作った人形に身体の穢れや災厄を移して川に流すという儀式として広まりました。

時代の変遷とともに、「流す人形」から「飾る人形」に変化しました。

そこにこめられた想いは、人形に身代わりになってもらって、病気や事故などの災厄から身を守るというものです。 雛人形には、子供の健やかな成長と幸せを願う親の想いがこめられているのです。

ひな祭りのお雛様は、いつ頃から飾るのでしょうか。


雛人形を飾るのに良いとされる期間

雛人形を飾るのは、早くても立春から2月中旬頃が良いとされています。

立春は節分の翌日ですので、「節分で豆まきをして厄を払った後」と考えたら良いと思います。

なぜ、立春頃から飾るのが良いのかは、2月3日(節分の日)は、季節が変わる節目の日であり、2月4日(立春の日)は、暦の上では、この日から春になるとされています。

ひな祭りは春の季節を祝うという意味もあるので、「春になるのを待って」雛人形を飾るという習わしがあるのです。

立春の日、節分の日のほかに雛人形を飾るのに縁起が良いとされている日に「雨水の日」というのがあります。

雨水の日とは

二十四節気のひとつで、立春から数えて15日目頃を言います。

気候が暖かくなり、雪や氷が溶けだして雨水として降り注ぐ日で、昔から農耕の準備が始められる目安と言われます。

昔から水は命の源とされていて、水は母であると考えられていました。

そのため、水の神様は子宝の神様とされ、安産の神様と考えられている地域もあります。雨水の日に雛人形を飾ると良縁があるという言い伝えがあります。

雨水の日は、このようなに、縁起の良い日とされています。

ひな祭りのお雛様は、いつ頃片づけるのでしょうか。


地域によっては、旧暦(4月3日)まで続けて飾る地域もありますが、3月3日が終わったら片づけるという地方が多いようです。

雛人形を片づけるのは、「啓蟄の日(けいちつのひ)」が良いとされています。

啓蟄の日とは

二十四節気の中のひとつで、3月6日頃を指します。

気温が暖かくなり始め、冬眠していた虫たちが動き出すという日です。このことから、何か新しく動き出すのに良い日と考えられたのかも知れません。

雛人形を片づけるのが遅れると、お嫁に行くのが遅れる?

これは、昔から言い伝えられた迷信なのですが、背景にはどんな考えがあるのでしょうか。

  • 雛人形は災厄を引き受ける身代わりなので、厄を移した雛人形を早く片づけたい。
  • いつまでも飾っておくことで、片づけが出来ない女性は良いお嫁さんになれない。
  • 早く飾ると「早く嫁に出す」、早くしまうと「早く片付く(嫁に行く)」という考え。

雛人形を片づける際の注意点

伝統的な雛人形の衣装は、絹が使用されています。絹にとって湿気は大敵なのです。

お雛様を片づけるのは、天気の良い湿度の低い日を選びましょう。

まとめ

  • 雛人形には、子供の健やかな成長と幸せを願う親の想いがこめられている。
  • 雛人形を飾るのは、早くても立春から2月中旬頃が良いとされている。
  • 3月3日が終わったら片づけるという地方が多い。
  • 雛人形は湿度が大敵なので、片づけるのは天気の良い湿度の低い日を選ぶ。

雛人形を飾る期間については、地方によっては習わしが異なりますので、地域ごとの伝統を知ることが大切です。

また、雛人形を飾る意味や由来、(迷信も含め)、そこに受け継がれて来た人々の想いを感じながら、お雛様を飾ってみましょう。