3月3日のひな祭りに日には、女の子のいる家庭では雛人形を飾り、ちらし寿司やひなあられをお供えしてお祝いしますね。

でも女の子が成長するにつれ、「何歳になるまで飾るものなのかしら。」「ひな祭りのお祝いは、何歳になっても良いのかしら。」など疑問に思う人もいると思います。

ここでは、ひな祭りの意味や由来を考えながら、いつまでお雛様を飾って良いのかを説明します。

ひな祭りにお雛様を飾るのは、どんな意味がこめられているのでしょうか。


ひな祭りの起源は、古代中国の「上巳の節句」と言われています。

3月3日頃の季節の変わり目には、邪気が入りこむと考えられていました。

「人の身体に入りこむ邪気や災厄を人形に移して川に流す。」という風習がありました。

この思想が日本に伝わって、「流し雛」という風習が始まりました。

紙で作った人形に身体の穢れや災厄を移して川に流すという儀式として広まりました。

人形に身代わりになってもらって、厄災から身を守ろうというものです。

時代の変遷とともに、「流す人形」から「飾る人形」に変化しました。

しかし、そこにこめられた、人形に厄災を引き受けてもらう「おまもり」としての意味はそのまま引き継がれました。

現代でも雛人形には、子供の健やかな成長と幸せを願う親の想いがこめられているのです。

ひな祭りのお雛様は、女の子が何歳になったら飾るのでしょうか。


女の子のひな祭りのお祝いは、初節句からです。

初節句とは、赤ちゃんが誕生して初めての節句のことです。

生まれたばかりの女の赤ちゃんが、健やかに育つようにと願いをこめてお祝いする行事が、江戸時代から続いています。

基本的には、ひな祭りのお祝いは、生まれてすぐの桃の節句ということになります。

早生まれの赤ちゃんの場合はどうするの?

お誕生日が1月や2月の早生まれの場合だと、まだお食い初めもしていない赤ちゃんには、初節句のお祝いは早すぎるという考え方もあると思います。

また、出産後間もないお母さんにとっては、身体を大切にしなければいけない時期でもあります。

そのような時期に慌ててお祝いをしたり、お雛様を購入するというのは避けたいですね。

早生まれの場合は、翌年に初節句をお祝いすることが一般的ですが、この考え方にも地域差があり双方の両親の意向を確認することも大事です。

ひな祭りのお雛様は、女の子が何歳になるまで飾るのでしょうか。


お雛様をいつまで飾っていますか?(周囲の声を聞いてみると)

  • 小学校を卒業するまで。
  • 結婚するまで。
  • 今でも飾っている。

※多くの場合小学校までで終了している例が多かったです。

これは子供が成長するにつれて、興味が薄らいできたということも関係しているかも知れません。

結論は、お雛様は、いくつになっても飾って良い。

そもそもひな人形の由来は、「子供の身代わりとなり、災厄から守ってくれる。」というものです。

「いつまでも健康で幸せに過ごせますように。」という願いをこめて何歳まで飾っても良いのです。

もちろん、地域によって風習は異なりますが、せっかくの雛人形ですからいくつになっても毎年飾ってあげたいですね。

雛人形を子供に譲るのは?

雛人形は、自分の身代わりとして災厄を引き受けてくれたものです。

自分の雛人形を、生まれてきた子供にお下がりとして譲るのはあまりよくありません。

新しく生まれた女の子には、新しい雛人形を飾ってあげた方が、健やかな成長を願うという意味でも良いかも知れません。

ただし、代々その家計に伝わる雛人形は、その家のお守りとしての意味があります。

そのような場合は、大切に引き継いでいくのが良いですね。

まとめ

  • 現代でも雛人形には、子供の健やかな成長と幸せを願う親の想いがこめられている。
  • 基本的には、ひな祭りのお祝いは、生まれてすぐの桃の節句から。
  • 「いつまでも健康で幸せに過ごせますように。」という願いをこめて何歳まで飾っても良い。

ひな祭りのお祝いは子供の時だけのものと考えていた人も多いと思います。

しかし、ひな祭りの意味や由来を考えると、いつになっても「健やかな健康と幸せ」を願う気持ちに変わりありません。

お子さんと一緒に「自分の災厄を引き受けてくれるお雛様」を大切に飾ってお祝いするのも良いかも知れませんね。