「桃の節句」にお雛様を飾るのは、女の子にとって楽しみな行事ですね。

ところで、なぜ桃の節句にお雛様を飾るのでしょうか。いつ頃から始まったのでしょう。

また、雛人形を祖父母が贈るという習慣がありますが、いつ頃から始まった習わしなのでしょうか。

ここでは、桃の節句に雛人形を飾るようになった意味や由来について、また雛人形が母方の実家から贈られるようになった意味について解説します。

ひな祭りに、お雛様を飾るのは、どんな意味があるのでしょうか。


古代中国では、3月3日の「上巳の節句」の頃は季節の変わり目で身体に邪気が入りこむと考えられていました。川に入り、穢れや災厄を払う儀式が行われていました。

その風習が日本に伝えられ、奈良時代に始まった「人形(ひとかた)」という儀式がひな祭りのルーツと言われています。

人形に肌を擦りつけて、災いや穢れを人形に移し、川に流し清める儀式が行われていました。

また、この時代には「人形(ひとかた)」を枕元に置き、赤ちゃんに降りかかる災いの身代わりとして使われていました。

人形が人間の身代わりになり、災厄を引き受けてくれると考えられていたのです。

時代の変遷とともに、ひな人形を飾るようになり、女の子の健やかな成長を祝うお祭りになりました。

現代のように医療や衛生環境が発達していなかった時代には、子供が成長するまでに命を落としてしまうことが多く、厄払いの儀式は当時の人々にとって大切なものでした。

「わが子が無事に育ちますように。」という願いをこめたお守りなのです。

ひな祭りに、お雛様を飾るのは、どんな由来があるのでしょうか。


古代中国の「上巳の節句」の風習がルーツ

古代中国では、3月3日の「上巳の節句」に川に入って、災厄や穢れを流す儀式が行われていました。

季節の変わり目に身体に邪気が入りこむのを祓う意味がありました。

奈良時代の流し雛

災厄や穢れから身体を守るため、紙や草木などで人の形をしたものを作り、これを肌に擦りつけ人形に病気や災いを移して川に流す風習がありました。

これが「流しびな」という風習となり、お雛様の起源になりました。

平安時代のひいな遊び

貴族の子供たちの間で人形を野山へ連れて行き、春の風景を楽しむという「ひいな遊び」が流行しました。

「ひいな遊び」と「流し雛」の風習が合わさって、やがて現代のような「ひな祭り」へと変化して行きました。

また、枕元に人形を置き、赤ちゃんに降りかかる災いの身代わりとして使われていました。

江戸時代に制定された「3月3日のひな祭り」

3月3日が「ひな祭り」と制定されると、庶民の間で雛人形を飾る習慣が広まりました。

また、紙の人形を流す行事は川が汚れるという理由から、「流す人形」から「飾る人形」へと移行したのではないかという説もあります。

このようにして、現代のように雛壇に立派な雛人形を飾るという習慣が定着しました。

女性が旅行する際や嫁入りの道中で起こる災いを、人形に身代わりになってもらおうと、人形を抱いて輿に乗ることが慣わしでした。

やがて雛人形は、嫁入り道具のひとつに数えられるようになったのです。

ひな祭りのお雛様は、誰が買うの? 母方の実家が用意する?


雛人形が贈られた歴史

江戸時代、身分の高い女性が旅に出る時や、嫁入りの道中で、災いの身代わりになってもらおうと、人形を抱いて輿に乗ることが習慣となっていました。

やがて、嫁入り道具のひとつとして数えられるようになったのです。

嫁方の親が、子供の身代わりとして災いが降りかからないように、という願いをこめて雛人形を贈るようになったと言われます。

女の子の赤ちゃんが生まれて初めての3月3日の桃の節句を「初節句」と言いますが、そのお祝いに母方の実家が雛人形を贈るのが習わしとなりました。

現代では

現代では、母親が自分の子供のために雛人形を買い揃えるのが主流となっているようです。

また、女の子の祖父母が購入するケースが、3割というデータもあります。

今でも雛人形を贈りたいと思っている祖父母は多いようです。

せっかくの気持ちを傷つけない配慮も必要ですね。

祖父母にお願いする場合は、雛人形のサイズやタイプなど希望を伝えておくと良いです。

まとめ

  • 雛人形は、「わが子が無事に育ちますように。」という願いをこめたお守り。
  • 人形が人間の身代わりになり、災厄を引き受けてくれると考えられていた。
  • 古代中国では、季節の変わり目に川に入って、身体に邪気が入りこむのを祓う風習があった。
  • 日本に伝わってからは、人形に病気や災いを移して川に流す風習になった。
  • 江戸時代になり3月3日が「ひな祭り」と制定されると、庶民の間で雛人形を飾る習慣が広まった。
  • 雛人形は、母方の祖父母が贈る習わしがあった。
  • 現代は、母親が自分の子供のために雛人形を買い揃えるのが主流。

雛人形にこめられた子供を想う親の願いは、現代にも受け継がれていますね。

いつの時代にも変わらぬ想いなのだと思います。

医療の発達していなかった時代には、生まれた子供が無事に成長できることは、かけがえのない喜びだったのに違いありません。

雛人形を飾ってお祝いをする意味が伝わって来ます。