ひな祭りの季節になると、お店の店頭には3色の彩り美しいひし餅が並びますね。

ひな祭りが近いことを意識させられ、春の訪れを感じます。

ひし餅は、なぜあのような菱形なのでしょう。何か意味があるのでしょうか。

また、ピンク、白、緑の色にも 特別な意味があるのでしょうか。

今回はひし餅の形や色の意味、由来や食べ方などについて解説していきます。

ひな祭りのひし餅には、どんな意味があるのでしょうか。


独特な形と色のひし餅。それぞれ、どんな意味があるのでしょうか。

ひし餅の3色の色の意味と、こめられた願い

ひし餅の色は上からピンク・白・緑というのが一般的です。それぞれの色は、どんな意味があるのでしょうか。

  • ピンクは、「魔除け」という意味。また、桃の花をイメージする。
  • 白は、「清浄」という意味。そのほか、子孫繁栄の願いがこめられている。
  • 緑は、「厄除け」「長寿」という意味。

下から順番に緑、白、ピンクと色を重ねる意味

★下から緑→白→ピンクの順に重ねる場合。

ピンクは「桃の花」、白は「雪」、緑は「大地」をそれぞれイメージしています。

「雪がとけて大地に草が芽生えて 桃の花が咲く」という様子を表現しているとされています。

★下から白→緑→ピンクの順に重ねる場合もあります。

この場合は、「雪の中から若葉が芽生えて、若葉の上に花開く」という意味だそうです。

「雪の中から若葉が芽生え」という表現から、雪の多い地方かも知れませんね。

※近年、地方によっては、黄色やオレンジ、赤などを入れて5色や7色のひし餅も登場しています。

華やかさを出すためと言われますが、黄色は月、赤やオレンジは太陽を表しているのだそうです。

ひし餅の形にこめられた想い

ひし餅の形は、心臓の形を表しているといわれています。

そこには、健康長寿や災厄を除くという願いがこめられているのです。

また、ひし餅の菱形は、菱の実の形であるとか、大地を表しているという説もあります。

ひな祭りのひし餅には、どんな由来があるのでしょうか。


ひし餅のルーツは緑の団子

「ひな祭り」は遠い昔、中国で行われていた「上巳の節句」が原点です。

一年の穢れを落とし清める日でした。その時に食べられていたのが「母子草で作った丸い緑色の団子」でした。

この丸い団子がひし餅のルーツです。日本に伝わって来た時に、母子草の代わりに「よもぎ」を使うようになりました。

※「よもぎ」には、造血作用があります。

江戸時代になると、「菱の実」を入れた白い餅が加わって2色に

「菱の実」は子孫繁栄や長寿を意味するとされています。

白い餅と緑の餅が交互に重ねられ、2段~5段のお餅になりました。

※「菱の実」には、血圧を下げる効果があります。

明治時代になると、「赤いクチナシ」で色付けした餅が加わり3色に

現在と同様の3色になりました。「クチナシ」は魔除けに効果があるとされています。

※「クチナシ」には、解毒作用があります。

ひな祭りのひし餅の食べ方には 決まりがあるのでしょうか。


ひし餅の食べ方には特別な作法はありませんが、昔から言い伝えられる習わしのようなものがあります。

食べ方とその意味

ひし餅の角が尖っている部分には、魔除けの意味があるのです。

その角をちぎりながら食べると縁起を担げると言われています。

また「角が立たないように丸く生きましょう」という願いがこめられていると言われています。

縁起物なので、お雑煮、おかき、ぜんざい、焼き餅など、美味しく調理して頂きましょう。

まとめ

  • ピンク、白、緑は、それぞれ魔除け、清浄、長寿を意味している。
  • ひし餅の形は、心臓の形を表していると言われている。
  • ひし餅のルーツは中国の団子。現在の3色のひし餅になったのは江戸時代から。
  • ひし餅の角をちぎりながら食べるとことで「角が立たないように丸く生きましょう」という願いがこめられている。

ひし餅の歴史を紐解くと、奥深いものがありますね。

そこにこめられた先人たちの想いを感じながら、美味しく頂きましょう。