3月3日のひな祭りには、お雛様を飾って桃の節句のお祝いをしますね。 

でも最近では、ひな人形を飾らないご家庭も増えてきたようです。

そもそも3月3日にひな人形を飾る風習は、いつ頃から始まったのでしょうか。

せっかくの女の子のお祝いの日ですので、小さなお子さんにもお雛様にこめられた想いや願いをお話してあげましょう。

ひな祭りの素晴らしさを少しでも感じ取ってもらえたらよいですね。

ひな祭りとは、どんなお祭りなのでしょうか。


ひな祭りはどんなお祝いをするのでしょうか。

3月3日のひな祭りの日は、お雛様や桃の花を飾って、女の子が元気に幸せに過ごせますようにとお願いをしてお祝いをする女の子のおまつりです。

ちらし寿司や白酒を頂いてお祝いします。お雛様には、あられやひし餅をお供えします。

ひな祭りは、いつ頃から始まったのでしょうか。

ずっと遠い昔、お隣の国、中国から伝わって来ました。中国では、悪い病気にならないようにするためのお祈りでした。

日本でも初めの頃は、自分にふりかかる悪い事や、悪い病気を紙のお人形さんに引き受けてもらって川に流してお祈りしました。

それから何百年か経って、徳川家康というお侍さんがいた時代に、3月3日を女の子の健康と幸せを祈る「ひな祭り」の日と決めました。

ひな祭りの由来について


ずっと遠い昔のひな祭りは、どのように始まったのでしょうか。

中国から伝わって来た頃は、自分の悪い病気を、紙の人形に引き受けてもらって川に流してお祈りをしていました。

ちょうどその頃、子供たちの間で「ひいな」と呼ばれる、「紙で出来た人形」を使ったおままごと遊びが人気でした。

「おひなさま」の元になった呼び方は、その頃に始まったのです。「ひいな」の意味は、小さくてかわいらしいものという意味です。

「悪い事を紙の人形に引き受けてもらって流すお祈り」と「おままごとの『ひいな』という遊び」がいつの間にか合わさって今のひな祭りになったのです。

今のようなお雛様を飾るようになったのはいつ頃からでしょうか。

3月3日を「ひな祭り」と決められた頃から、「流す」お雛様から「飾る」お雛様へと変わって行きました。

紙で出来たひな人形に変わって、着物を着た立派なお雛様が、ひな壇に飾られるようになりました。

ひな祭りの意味


ずっと昔のひな祭りは、特に女の子のための日ではなく、男の子も大人も子供もみんなの健康をお祈りするためのものだったのです。

悪い事はみんな、紙で出来た人形に引き受けてもらって川に流すことから始まったのです。

そして、今から400年くらい前に、3月3日を女の子のお祭りの日と決められてからは、「女の子の幸せと元気に育ちますようにとお願いする日」になりました。

今のひな祭りは立派なお雛様を飾って、ちらし寿司や白酒をみんなで頂きながら、女の子の健康をお願いしお祝する日となりました。

※ひな祭りは、「桃の節句」とも言われます。

これは、ちょうど3月3日頃に桃の花が咲くことや、ひな祭りに桃の花を飾ることから「桃の節句」と言われるようになりました。

「桃の花」には悪い事をなくし、健康で元気になれるパワーがあると言われています。

まとめ

  • 「ひな祭り」は、女の子が元気に幸せに過ごせますようにとお願いをしてお祝いをする、女の子のおまつり。
  • 「悪い事を紙の人形に引き受けてもらって流すお祈り」と「おままごとの『ひいな』という遊び」がいつの間にか一緒に合わさって「ひな祭り」となった。
  • 3月3日を「ひな祭り」と決められた頃から「流す」お雛様から「飾る」お雛様へと変わって行った。
  • 今の「ひな祭り」は、立派なお雛様を飾って、ちらし寿司や白酒を頂きながら、女の子の幸せと健康をお祝いする日。



このように「ひな祭り」の起源は、季節の節目や変わり目に災難や厄から身を守るための儀式だったのです。

まだ、医療が充分に発達していない時代には生まれて来た幼い子供が、無事に元気に育つことが、人々にとっての願いだったのです。

そのような昔の人々の想いに触れることで「ひな祭り」の素晴らしさを是非お子さんに教えてあげて下さい。