卒業式を控えたお母さんは、どんな服装で参列したら良いのかと、あれこれ思い悩むことでしょう。

スカートスーツが良いのか、パンツスーツでも良いのかしら。どんな色を選んだら良いのだろう、などなど。

ここでは、正しい服装のマナーを知った上で、卒業式にふさわしいスーツ選びについてご紹介します。

卒業式の母親のスーツのマナーは?


卒業式は、「卒業証書授与式」とも言われる「式典」です。

私立の学校の中には、それにふさわしいブラックフォーマルで参列することを指定する学校もあります。

ブラックフォーマルでないにしても、卒業式の母親の服装は「準礼装」若しくは「略礼装」が一般的です。

主役はあくまで子供たちなので、子供より目立つような華やか過ぎる服装は控えるべきでしょう。

スーツの色味もブラックやダークグレー、ネイビー、チャコールグレーなど控えめな色が主流です。

卒業式は厳かな雰囲気の中で行われるので派手になり過ぎず、落ち着いた印象の服装が基本的なマナーです。

ただし、学校フォーマル服は、地域、学校の雰囲気・校風によってかなり違いがあります。

また、時代の移り変わりや年度の違いにより異なることもあります。

ブラックフォーマル主流の学校もあれば、逆に「ブラックフォーマル=喪服」と考えられている地域もあります。

また、私立の学校などは少し派手目のところもあります。

従って、事前のリサーチが必要です。先輩ママや、ママ友に相談してみるのが良いですね。

卒業式のスーツは、スカートがいい? パンツスタイルはNG?


パンツスーツは、マナー違反ではありません。

◎主なスーツのスタイルは、以下のいずれかです。

・スカートスーツ

・ワンピーススーツ

・パンツスーツ

◎パンツスーツの利点。

冷え性で悩むお母さんにはお勧めのスタイルかも知れません。中にタイツなど着こむことが出来、防寒対策万全です。

◎パンツスーツの母親の割合はどのくらいか。

パンツスーツのお母さんの割合は少数派です。ワンピーススーツやスカートスーツの母親が圧倒的に多いです。

◎パンツスーツを着用する際、気を付ける事。

・パンツの丈は通常のものを選びましょう。春になると9分丈やクロプト丈のものも店舗に並びます。

クロプト丈ですとカジュアルなイメージが強いので卒業式には馴染みません。

・パンツスーツは颯爽として凛とした雰囲気に見えるのが良い点ですが、「ビジネススーツ」に見えてしまうこともあります。

インナーブラウスのデザインや色味、ネックレスなどの小物の工夫でフォーマルな雰囲気になるような工夫が必要です。

卒業式の母親のスーツの色は、どんな色がいい?


卒業式のスーツで選ばれる色は、ブラックやダークグレー、チャコールグレー、ネイビーといった落ち着いた色が主流です。

厳かな雰囲気の場には控えめな色合いがふさわしいです。

◎ネイビー

以前は、ブラックが主流でしたが、最近はネイビーが人気です。

ブラックやダークグレーより明るい印象ということや、卒業式以外の学校行事でも着回しできることで好まれています。

◎グレー

グレーは落ち着いた色合いなので卒業式に着てもマナー違反ではありません。

明るい色が好きな人にはお勧めですが、殆どのお母さんがネイビーやブラックを着るので少し目立ってしまうかも知れません。

◎ブラック

シンプルで無難な色ですが、暗い印象になります。

コサージュやインナーブラウスで華やかな印象にすることにより全く違う印象になるでしょう。

同じブラックでもツイード素材なら暗くなり過ぎず、入学式にも着回しできます。

又、好みにもよりますが、千鳥柄ブラックも同様に暗くなり過ぎず、他のシーンにも着回しできる素材で重宝します。

まとめ

  • 卒業式のスーツは、派手になり過ぎず、落ち着いた印象の服装が基本的なマナー。
  • 地域や学校による違いがあるので、先輩ママや、ママ友に相談して事前にリサーチをする。
  • パンツスーツはマナー違反ではないが、少数派。
  • 卒業式のスーツで選ばれる色は、ブラックやダークグレー、チャコールグレー、ネイビーなど落ち着いた色が主流。

どんなスーツにするのか、なかなか決まらない場合は、シンプルで着回しできるスーツを選びましょう。

フォーマルなスーツは値段が張りますが、きちんとしたフォーマルな服がひとつあれば、色々なフォーマルシーンで着回しできます。

自分に似合う事も大切なことですね。鏡の前でシュミレーションしてみましょう。

お子さんの晴れの舞台の日が、思い出深い一日となりますように。