卒業式を間近に控えたお母さんは、卒業式に着る服やバックをどのように選んだら良いのか、あれこれ思い悩んでいることでしょう。

卒業式は子供にとって、小学校生活の最後を締めくくる晴れの舞台です。

そんな日に、母親の服装で子供に恥をかかせたり、嫌な思いをさせてはと、親としてはとても気がかりなところですね。

ここでは、卒業式で着る母親の服装のマナーについてお伝えします。

卒業式に着て行く母親の服装、マナーで気をつけることは?


卒業式は、子供たちの成長を祝う場です。主役はあくまで子供たちです。

母親の服装が子供たちより目立つことがないように服や小物を選びたいですね。

卒業式は、お世話になった先生方はじめ学校職員に感謝の気持ちを表す場でもあります。

また、卒業式は、子供たちが学校での全過程を修了したことを祝う式典なのです。

頑張った子供たちへの敬意を込めて、先生方の服装も礼服、若しくは略礼服が一般的です。

母親の服装は、子供の成長を見守る親としての立場をわきまえて、落ち着いた色合いのフォーマルな服装で出席するのがマナーです。

ただ、地域や学校によって服装に関するマナーはかなり異なります。

私立の場合は、ブラックフォーマル指定の学校もありますし、その学校の伝統というものもあります。

公立なら学校によってそれほど大差はないにしても、都市部なのか農村部なのか、地方都市なのか、など地域によって考え方や習慣は異なる場合があります。

周囲と浮かないようにすることも大事ですね。

ママ友に相談するのも良い方法です。

学校の先生や職員に毎年の卒業式の様子を尋ねる事が出来たら、なお確実な情報が得られますし、「昨年の卒業式の写真」などを見せて頂ければ判断の材料になるかも知れませんよ。

卒業式に着て行く母親の服装、スカート丈はどのくらいが良いの?


服選びをする時に、気になるのがスカート丈ですね。

30歳代、40歳代の女性ファッション誌を見るとスーツのスカート丈は短くなる傾向にあります。

ただ、フォーマルとなると気になるところです。

では、フォーマルのスカート丈はどのくらいがちょうど良いのでしょうか。

一般的に、女性のスカート丈でもっとも上品に見えて好感度が高いのは、「膝が隠れるか隠れないか」という「膝丈」だと言われます。

膝小僧が隠れるくらいの長さが品よく見えるそうです。逆に、あまり長すぎるロングスカートも避けた方が無難です。

卒業式というと記念写真がつきものです。親戚や義理の祖父母に記念写真を見て頂く機会があるかも知れません。

スカート丈だけで全てが決まるわけではありませんが、母親として落ち着きのある身だしなみが好印象です。

卒業式に着て行く母親の服装で、ストッキングは何色がいいの? タイツはダメ?


卒業式のストッキング、NGは?
  • 黒いストッキング
  • 厚手のタイツ
  • 柄物やラメ入り、網タイツ

寒さ対策に厚手タイツの着用を検討したいところですが、これもマナーとしては、NGです。

卒業式の会場となる学校の体育館は3月の卒業式の時期は冷え込むことが多いですよね。

でも最近では暖房器具を設置するなど配慮する学校も多いです。

どうしても足元の冷えが気になる場合は、カイロや発熱タイプのストッキングの着用、スーツをパンツスタイルにするという手もあります。

また、柄物やラメ入り、網タイツなどは控えるべきでしょう。

黒いストッキングもお葬式のイメージになってしまうので避けた方が無難です。

シンプルなベージュのストッキングがおすすめです。

まとめ

  • 親としての立場をわきまえて、落ち着いた色合いのフォーマルな服装で出席するのがマナー。
  • スカート丈は、「膝が隠れるか隠れないか」という「膝丈」が上品で好感度が高い。
  • ストッキングはシンプルな肌色がおすすめ。

卒業式は学校生活の最後を締めくくる思い出に残る式典です。

そのような場面にふさわしい母親の服装は、華やかさより落ち着きのある品の良さです。

親子ともに、思い出に残る良い日になりますように。