春は卒業式が終わるとすぐに入学式があり何かとと忙しい季節ですね。

卒業式での服装は落ち着いた感じの色を選ぶ人が多いようですが

入学式は何を着ていけば良いの?と思う人も多いと思います。

どんな色の服を選んで良いのかわからない・・・

靴やアクセサリーはどんな物を選ぶべき?

など気になることはたくさんあると思います。

そんな貴方のために入学式の服選びに失敗しないポイントを教えます。

入学式での母親の服装マナーと今人気の色


まず何を着ていくか?

一般的にはスーツやワンピースが多いようです。

スーツだとパステルカラー(サックス・ピンク・ベージュ)が主流になっています。

スーツは高いから買うのはちょっと・・・と思っている人にはレンタルもおすすめです。

価格は4800円~と割とリーズナブルです。同じ服を何度も使いたくない人にはおすすめです が、子供が多くて何度も使用する機会がある人には購入をおすすめします。

最近ではジャケットにパンツとスカートがセットになった物も多くインナーを変えたり アクセサリーを変えるなどすれば、バリエーションも豊かになり何度も着回せます。

新しくスーツを買うのはもったいない!と言う人は持っている黒かグレーのスーツでも大丈夫です。

ただし暗めの色を着るときはコサージュやパールのアクセサリーで華やかさを出すのがポイントです。

またスーツではなくワンピースをを選ぶ人も多いようです。

上に羽織る物で印象が変わるので上着の色で変化を楽しめます。

体型を気にする人にはワンピースがおすすめです。

どちらを選んでも大丈夫ですがスーツもワンピースもあまり丈が短くない物を選びましょう。

入学式 母親の服装は白でも大丈夫!?


上記ではパステルカラーなどの色をオススメしましたが服の色は白でも問題ありません。

白色のノーカラーのツイードジャケットに同じ素材のスカートをあわせてインナーは素材を変え シフォン素材の物を選ぶとエレガントでふわっとした印象になります。

また白のテーラードジャケットにインナーはレースのブラウスを合わせて スカートはAラインの物を選ぶと体型もカバーできてやさしい雰囲気になります。

真っ白はちょっと抵抗がある人は、インナーにグレーやベージュ・ピンク系の色を合わせるといいです。

白いワンピースなら上に羽織る物は同系色のを選べばやさしい雰囲気になりますし、 黒や紺色のジャケットを羽織ると少し引き締まった印象になります。

ワンピースの素材はツイード素材を選ぶと高級感が出ます。 あまりレースのはいった物は子供っぽくなってしまうので控えましょう>

白を選ぶ時に気をつけたいのが、そのまま外食に行くときなど汚れがきになったり、 服の透け感が気になったりということがあります。

また収納しておく際にも気をつけないと黄ばんでしまって次に着ようと思ったときに 着れなくなってしまうこともあるので気をつけましょう。

入学式 母親の服装 スーツに合ったインナーと鞄


白いスーツ以外のスーツにも合わせやすいインナーをいくつかご紹介します。

襟元にフリルが就いたタイプ
シンプルなスーツに合わせると華やかな印象をプラス
フリルがついたシフォン生地タイプ
同じフリルでもふんわりとした感じを出したいときに
ギャザーのついたカットソータイプ
かっこよくおしゃれに決めたいときにはこれがおすすめです。
レースのカットソータイプ
シンプルなスーツに合わせると華やかな印象をプラス
キャミソール
地域によっては春でも暑い日があるので1枚あると便利

インナーを変えれば同じスーツでも違った印象になります。 。

プチプラのインナーを何枚か持っておくといろんなスタイルを楽しめそうです。

いずれのインナーもカラーを変えればどんな色のスーツで合います。

鞄は靴の色に合わせて選ぶと全体的にまとまった感じになります。

あまり高いヒールの物は避けて、色は春らしい白・ベージュ・薄いグリーン・黒などでスーツに合った色を選びます。

素材はエナメルの物でも大丈夫ですがラメなどが履いたキラキラした物は控えた方がよさそうです。

また、つま先があいたタイプやアニマル柄もやめておきましょう。

ブラック系のスーツを選んだ場合は鞄を明るめの色のバックにすると明るい印象がでます。

まとめ

  • スーツの色はパステルカラーがおすすめ!
  • 靴はシンプルで合わせやすい物を
  • アクセサリーは派手になりすぎないようにする
  • 服の色は白でも大丈夫
  • インナーで雰囲気を変える

入学式の主役は子供です。

母親が子供より目立たないような服装が重要です

また学校により服装の選び方は様々なので先輩のお母さんに聞くのもよいと思います。

入学式は一生の中で何度かしかない大切な行事です。

写真撮影などして形に残しておかれる人も多いと思います。

後から見返したとき後悔しないようきちんとしたマナーを知り、 入学式をいい思い出にしてほしいと思います。