入学式の服装にもマナーはあります。

必要上に着飾らないよう、自己主張が強すぎたり、あまりにもカジュアルに普段着のような恰好で行くことはいけません。

あくまでも主役はお子様であること、それを念頭において服装を選ぶことが重要です。

靴選びも周りの人に、不快にならないような恰好をしていくことをオススメします。

初めて学校に入学する際に顔を合わせる同級生の親や先生、子どもたちに与える印象を強くすることになります。

自分が目立つことよりも、子どもの為にそっと引き立て役になれるような服装を心がけたいです。

入学式での母親の靴選びもマナーがあります


お子さまが初めて学校に登校する大事な入学式、その晴れの日にお母さまも自分が必死になってアピールすることが重要では全くありません。

まず一番の念頭においておくこと、それは準主役と演じるということです。

あくまでもお子様が主役であり、自分は引き立て役、サポート役ということを念頭に置きます。

たとえば、結婚式に主役は新郎新婦であるはずなのに、出席者が純白のロングドレスを着ていることはマナー違反です。

その場に合った服装を選ぶのが、大人の女性です。

入学式での靴は、フォーマルな格好に合う靴、パンプスが好ましいです。ヒールも高いものでなければマナーが良いという印象を与えます。

流行りのカラーだからといって浮いた感じの色にならないようにしたいです。

または、カジュアルスニーカーを選んでしまっても、地元のお母さんがそのまま出てきたような印象を与えてしまうので注意しましょう。

入学式を行う場所も事前に知っておくことも非常に重要です。

体育館で式典が行われることが多いので、その時にスリッパや上履きをちゃんと用意しているかも重要です。

いくら靴が立派だとしても、体育館の履き物を用意していないのでは見られ方が違います。

もし先輩ママがお友達でいれば聞いてみたり、入学式前の説明会等で学校の状況を調べておきましょう。

母親の靴は入学式らしい色を選ぶのが良い


フォーマルでシックな洋服を着ているのに靴が真っ赤だったり、ピンクなどの靴が際立って目立つような色を選ぶのはNGです。

服装に合った色使いをするのが良いです。

黒やベージュのカラーを選ぶのが式典に出席する服装といえます。

派手なカラーで自己主張をするママは、周りの人からも浮いてしまう。

本人としては個性なのでしょうが、子どもたちからの印象は違います。

あるママが派手な服装をして学校に行ったところ、派手な服装は子どものイメージが「派手」を通り越して「怖い」「キツイ」というイメージを与えていました。

大人と子供の感性の違いがあることも考えて、場所を選んだ格好をしていい印象を与える人になりましょう。

靴とバックの色を合わせると上品な印象を与えます。

ベージュ色と一緒に靴も合わせるとより一層、春の季節感のあるコーディネートになります。

小物と一緒にバランスを合わせた服装選びをしましょう。

入学式の母親の靴はハイヒールでもいいの!?


入学式での靴は、フォーマルな格好に合う靴、パンプスが好ましいです。

ヒールも高いものでなければマナーが良いという印象を与えます。

学校の校庭などを傷めない為にピンヒールでの入場をお断りしている学校もあります。

学校の状況を先に知っておくことも重要です。

小さなお子様連れで学校へ向かう時には、ある程度お子さまが走って行っても大丈夫なように、歩きやすい靴を選ぶのが自然です。

ブーツを履いていき、校舎内へ入る時に置き場所に困ったという体験も聞かれます。

ストッキングもベージュを選ぶのが適しています。

黒は暗いイメージを与えてしまうので、春らしさ、入学式の明るい上品な色選びをしましょう。

学校の状況、入学式の状況はどのようなものなのか、ある程度状況を把握しておくことが重要です。

私立学校、公立学校での違いや校風の違いもあります。

先にリサーチをしておくことで、間違いのない服装選びが出来ます。

まとめ

  • 入学式の主役は子ども。母親や準主役
  • 色は、黒かベージュ
  • ベーシックなパンプスが望ましい
  • 事前に学校の情報収集をしておく

ママのコーディネートに気づかいしてますが、あくまでも一番の主役は子供たちです。

自己主張を気にするより、子どもの未来をサポートするような気持ちで、控えめな服装が子どもにとっての愛情につながります。

周囲とのバランスを取り、上品な装いを心がけることで、親としての表現をしましょう。