いよいよバレンタインが目前に迫ってきましたね。

本命のあの人に、こんなプレゼントをあげようかな?

市販のチョコレートならどのブランドがいいかな?など、いろいろ気になるところですが、まず無くてはならないのが予算です。

バレンタインでは、みんながどれぐらいの予算をかけるものなのでしょうか?

女子の気になるフトコロ事情に迫ってみました。

バレンタインで本命にかける予算は全部でいくら?


ざっと調べたところによりますと、お付き合いしていないけれど本命相手の場合は、およそ2,000円から5,000円までの予算で抑えている人が大多数でした。

チョコレートだけではなく、チョコレートといっしょに添えるギフトや、ラッピングなどを含んだ、すべての金額になります。

市販の高級チョコレートを贈ると、チョコレートだけで2,000円以上はかかる場合が多いようです。

ですので、チョコレートといっしょに添えるギフトは、ハンカチにするなど、あまり予算をかけない人が多かったですね。

奮発して高級チョコレートを贈るなら、シンプルにメッセージカードのみにしてもいいのではと思います。

あまりバラバラとたくさんプレゼントするより、一極集中のほうが印象に残るのではないでしょうか。

バレンタインで手作りチョコを作るときの予算は?


手作りでチョコレートを作る場合は、よほど大量に作ったり、高品質な材料を揃えたりなどしなければ、1,000円もあれば充分です。

ガトーショコラなどの焼き菓子は、焼き型を使うので1,000円程度の初期投資が必要になってきます。

が、もしお金をかけたくないのであれば、トリュフチョコレートのように買う材料をすくなめにできるレシピにするか、焼き菓子でも牛乳パックをリサイクルして型を代用したりすれば、たいしてお金もかかりません。

手作りする場合は包装のことも考えなければなりませんが、今は100円均一ショップなどで可愛いラッピンググッズを安く買えるので、いろいろ揃えたとしても2,000円以内で抑えることができるでしょう。

ただし、手作りだと事前に練習しておいたり、失敗する可能性もあるため、ちょっと多めに材料を購入するほうが、後で焦らないかもしれませんね。

バレンタインで本命にあげるプレゼントの相場はいくら?


恋人未満の彼であれば、女性から高額なものをもらうと気が引けてしまう男性が多い!ので、要注意です。

ホワイトデーでお返ししなければならない彼の負担もありますので、安すぎず高すぎない金額の3,000円前後のものをプレゼントするのが一般的のようです。

すでに恋人同士の場合は、相手のほしい物や、趣味をわかっていることが多いので、5,000円から10,000円程度のものをプレゼントするケースもあります。

安っぽすぎるギフトはいかがなものかと思いますが、高価であれば良いというものでもありません。

もらって嬉しい、でも負担にならない、そんなバランスがちょうどいいですね。

まとめ

  • バレンタインで本命にかける予算は5千円以内
  • 手作りチョコレートなら1,000円前後で足りる
  • 恋人未満ならギフトは値段を抑えめに

だいたいのバレンタインデーの予算の目安がついたと思います。

まだ付き合っていないお相手の場合、バレンタインデーで情熱を注ぐべきところは、金額ではなく気持ちです。

恋人未満の女性ががんばって高額すぎるものをプレゼントしても、男性側がうれしいと思ってくれることはありません。

金額で勝負するのではなく、気持ちがこもったプレゼントをしたいものですね。